Category Archives: 美梅

2014年春、島へ行く。-パルマの大聖堂+相方ラブな美梅

前回の記事にもコメントありがとうございました。
前回のカタツムリですが…カタツムリじゃないかも?というのが下僕さんの調査で分かりました。Kotora、キセルガイなるものの存在を全く知らなかったので、カタツムリだとばかり思っていましたが。キセルガイなのかも!いやかたちといいなんといい、これは絶対キセルガイ!そしてキセルガイって、九州では信仰の対象なのだとか!?下僕さんアルペンさんはご存じなかったようですが、他の九州在住の皆様、ご存知でしたか!?そんなおめでたい生き物なら連れて帰ってこればよかったな~。なんて。

ガラスの下から~な写真。皆様も是非、機会があったらやってみてください!!

ぬこさん、うん、カメラは肌身離さず持ってた。REIさん、KotoraはNordseeは基本…避けます。(爆)一度お寿司を食べてなんやこれ!って思ったので。北ドイツでもあまり貝は食べないですね。まかないさん、Germin…そうみたいですね。うちのもドイツ製ですが…時々フリーズします。(笑)お茶の道具ね!確かに!Chelさん、それ、Kotoraも思いました。でもドイツはそこまで暑くならないからなあ…。REIさん、やっぱり同じ薄さびですもんね!って美梅の場合はなんだか良くわからないですが…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スペインマヨルカ島最大の都市にしてバレアス諸島自治州の州都でもあるパルマ・デ・マヨルカ。
今日はそのパルマ・デ・マヨルカの大聖堂で撮って来た写真をアップしたいと思います。

DSC_0258まずは正面門のなんか意味ありげなシンボルいっぱいの彫刻。
中央はマリア像です。
DSC_0259この教会、古くは14世紀初めごろから建てられ始めたようですが、
完成したのは20世紀初め。(Wiki独参照→
気が遠くなるような…。サグラダ・ファミリアがまだまだ完成しないのもうなずけますよねえ…。
DSC_0261お天気が良かったのでロゼッタ(教会の丸いステンドグラスの窓)がこんな美しい演出を!
DSC_0262ここのロゼッタ、世界で一番大きいってここのガイドブックには書いてありますが…。(直径12.55m)
Kotoraも行ったことがあるストラスブールの大聖堂のロゼッタのほうが実は大きいんですよ。(直径15m)
DSC_0264大きさ詐称疑惑(?)はともかく、でもKotora、ここのロゼッタかなり好きです。
お花のような模様がかわいいし配色もいい!
世界で一番好きです!(世界中のロゼッタを知ってるわけではないけど)
DSC_0269この町…かなりお金があったんでしょう…かねえ?…きらきら~。
DSCN7527天使?シャボン玉?
いやきっと何か深いキリスト教的な意味があるのでしょう。
のんびりする、が今回の旅のテーマだったので、いろいろ調べたりせずありのままを楽しもうと思ってたんですが、やっぱりいろいろ、これは何?と気になるところがありました。かといってガイド付きで回る気にもならず。入口のところでもらった冊子があったんですが、そのドイツ語がかなり残念な感じだったのでそれもあまり読まず…で。まあ気が向いたらそのうちネットで調べてみようっと、と思ってまだ調べてないわ。
DSC_0268奥に見えますのはかなり新しい部分。1957年生まれのマヨルカ出身の芸術家、Miquel Barcelòという人が作った礼拝堂です。完成は2007年!ほんと新しい!
DSC_0271この…なんだか一見おどろおどろしい礼拝堂は陶器で出来ていまして、聖書に記されている、イエスが起こした「パンと魚の増殖の奇跡」を表しているのだとか。
DSC_0273どうりで魚介類が沢山いると思った…。
DSC_0282良く見るとユーモラス。
DSC_0283後ろでドイツ人のイケイケ風な兄ちゃんが「悪趣味だな!」と吐き捨てるように言ってましたが。Kotoraはあのお魚の部分は嫌いじゃないですよ。
DSC_0296ロゼッタの前にぶら下がっている飾り、これはかのガウディ師匠の作品です。
DSCN7528この上からつってある天蓋飾りもガウディ作。ガウディはこの教会の改修を依頼されていたのです。
DSCN7526その奥に…またマリア像。

ゆる~く見学してみましたけどかなり見ごたえのある教会でした。
また機会があったらガイド付きで見学してみようかな~。

旅の記録はまだまだ続く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓の美梅は「猫ブログなのに教会とか海とか何なのよ!」と怒っているわけではありません。
DSCN7248見てお分かりのように、相方のお腹の上でくつろいでいるのです。
DSCN7254ご満悦…。

2014年春、島へ行く。-マヨルカ最大の都市パルマ・デ・マヨルカへ+鏡の下から…

前回の記事にもコメントありがとうございました。
茶とら猫さん、見るからに元気そうでしょう?パッと見てこう猫飼いなら…分かりますよね、やっぱり。どういう子なのか分かりませんが、もしかしたら飼いネコさんだったかも、ですね。
同じくドイツ在住者のアルペンさんやTsukikumoさんは分かってくれると思いますが、ドイツってホントに海産物に乏しい国なんです。まああんまり海がないからというのもありますが、貝類なんて、それ食べれるの?って思ってる人も多いし。もちろんスーパーには魚介類も売ってますが、あまり優しくないお値段だし、それ必要なん?って感じに味付けがしてあったり衣が付けてあったりします。
スペインの巨大ハム、アルモドバの映画では凶器になってましたが。こうやって切って食べます。何食分あるかは…知りません…。

ぬこさん、ハムの木て!(笑REIさん、ドイツ語めちゃくちゃ通じますよ~。サンリ○さんは…どうかなあ~?Moguさん、そうだね、アメリカの原色のケーキもすごいよね…。下僕さん、Kotoraもそれ、思いました。ツボ刺激どころじゃないですよねえ。猫のつぼマッサージの本が家にあるから見てみようっと。確かににくきうにはなかったような…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてやっと本日から4日目です。(笑
一日に付きここにアップしてる5倍の写真は撮ってるので…。選べないんです。ごめんなさい。
さくっと素敵な一枚だけアップできたらいいんですけどねえ…。
さらさら~っと眺めてください。

4日目はレンタカーしてる車でマヨルカ最大の町、パルマ・デ・マヨルカに行ってきました。

その前に…。(↓一枚分カタツムリ注意報

DSCN7509その日、朝起きて外を見たらベランダにこんな子が!カタツムリですよね?こんなお家めずらし~!
DSCN7376小虎、行ってくるね~。

DSCN7511これはまだSa Coma(泊まったホテルがあった島の東側)をちょっと出たところ。こんな風景が広がります。

DSCN7512Sa Comaの隣村(?)。みなさんオレンジとかオリーブを植えてます。

DSCN7516信号待ちしてるときに猫発見~!見つかりましたか?(笑
犬もいますよ~。

DSCN7517マヨルカの高速はすご~く発達していて、Kotoraたちは自分たちのナビを持って行ってたんですが(ヨーロッパ対応ナビ)、ほぼ必要なかったです。さすがドイツ人が多いだけあるわね…という。
高速の分かれ道はほとんどサークル状になっていて、真ん中にはたいていKotoraにはよくわからないゲイジツ作品が置いてありました。

DSC_0245と、島の東側のSa Comaから2時間ほどで島の真ん中からちょっと西側にあるパルマ・デ・マヨルカに到着。
前方に見えますのはパルマの大聖堂でございます。

DSC_0246パルマ・デ・マヨルカには何度も北アフリカのベルベル人が入ってきたりしていたので、アラブ文化も色濃く見られるんです。
特にこの↑の写真の部分はアラブ地区と呼ばれ当時の面影が残っています。

DSC_0248ちなみにもちろんスペイン本土から船でマヨルカにも来られるんですが、相方調べによるとなんかめちゃくちゃ高いそうで。飛行機出来たほうが安いとか?

DSCN7519あ~なんか南国の花(知らんけど)が咲いてるわ~。

DSCN7522さて、じゃあまずは馬車に乗って…。
じゃなくて。大聖堂の中を見て行きましょう~。
というわけで、続きは次回に!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ずっとずっと前に、ブロ友さんたちがガラスの机の下から猫を撮影する、という企画をやっていて、Kotoraはそれがすごくうらやましかった。それがやりたいがために、ガラスの机が欲しい、というもののずっと却下され続け…。そして忘れたころについにKotora家にも!!
DSCN6914ガラスの机がやってきた~!ソファに座ってPCやる用の机です。
じゃあさっそく…。

DSCN6918きゃ~!埋もれてる!美梅の足、埋もれてる!!
DSCN6920こうなってたのねえ…。藍ちゃ、じゃま!
DSCN6925暗かったのでフラッシュ炊いてみました。
もじゃもじゃ…。
…。と、それ以来撮っておりません。というのもなんかにゃんずがここに乗るの嫌いみたいで。
スケスケだから怖いのかなあ…?

猫ひげスタンド―美梅係

前回の記事にもコメントありがとうございました。
何人かの方が聞いてくださいましたが、咳は本当に良くなたんですよ!やっぱり潮風は偉大ですねえ~。と、これも何人かの方が書いてらっしゃいましたが。沖縄と似ている、と。確かに。建物の感じとか似てるかも?ですね。これは海風がきついところ特有の建築様式なのか、それとも同じころに建てられた建築物だからなのか…?
と、引き続き藍にお誕生日のお祝いをありがとうございました!

ぬこさん、なんで日本語?というつっこみはあえて控えてしまったのよ。REIさん、イギリス人もドイツ人も旅好き、ということですかね。ねえちゃんさん、海岸でほりほり…。いやKotoraも貝とか探しますが…。にゃんたまさん、マジョルカでなんか歌かなんかありましたっけ?下僕さん、Kotoraも海が大好きなんです。ぱんとらさん、あ~ナダルはテニスの選手ですね?ミロってパルマで亡くなったんだ。知らなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マヨルカから帰って来て早一カ月。早く記事書かなきゃ~って感じで、今週もどんどん記事を書くつもりだったのに全然だった~。(涙)ちなみに今日はドイツ、休日なんです。月曜日まで4連休。うふふ。

今日はねこひげスタンドの記事の続きです~。

DSC_0034小虎ひげスタンド藍ひげスタンドの紹介はいたしましたが。
DSC_0039ここでもう一度、しまねこさんにいただいたスタンドさんの紹介をいたしましょう。
この方にささっていたひげは、半分が藍のだったので、藍のは藍ひげスタンドに移しました。
なのでここにささっているのは美梅のひげだけ。
美梅のひげは先っぽが黒いので分かりやすいんです。
DSC_0067これは誰~!私の知らないヒトよ~!(と叫ぶ美梅
DSC_0070美梅のひげを集めてくれるねこひげスタンドさんだよ。
DSC_0075仲良くしてね。

DSC_0079仲良く!仲良くよ~!一緒に協力していかなくちゃいけないんだから~!
DSC_0076そうそう。ほら。
この子もボーボーになるように、ひげがたくさん見つかりますように!!