Category Archives: 未分類

猫ひげスタンド―この顔は…

前回の記事にもコメントありがとうございました。
Kotoraの体調へのご心配ありがとうございます。大丈夫です。あの…つきのもの、の関係もあり。その前後もうほぼいつも、体調が悪くなるんです。ほんと…鍛えたいです…。

乗馬ね、乗馬自体はKotora、したことあるんですよ。実は去年も一度したんです。そのことも記事にしたいと思いつつ結局してないんですが、またいつか。友人の馬だったんですが、それ以来ちょっと本気で乗馬したいとか思ってもいて…。ちょっと本気で習いたいなあと思ってはいるんですよ。まあ実現には程遠いですが。いつか。

前回記事の写真の馬ですが。書き方が紛らわしかったですが、批判されていたのはあそこの牧場ではないんですよ。他の牧場のことです。マヨルカにはいっぱい馬牧場があるんですよ。写真の馬は、記事にも書いたように、↑の友人が元気そうに見えると言っていたので大丈夫だと思います。

REIさん、ハナイカダ、写真見ました。そうですねえ。いろいろ葉っぱに花が咲く植物あるんですねえ?ねえちゃんさん、そうですそうです。写真のところは批判を受けていた牧場とはまた別のところです。Moguさん、そう?パン美味しそうだった?ヒットしたのはあれかなあ…。そのうちパンもアップするよ。ぬこさん、そうだね、ぬこさんのカウントダウンもまだ始まってないしね。(笑Alpenさん、だよね。サンリ○さん大変だよねえ。ええっと馬がいるところはビルの合間ではないの、ホテル街をちょっと外れたところにあるんだけど、写真にはどうしても写りこんじゃう距離なんだよね。Sakusakuさん、ああそうですねえ。昭和。というか寂しい感じの土産物屋ってどこもそういう雰囲気ですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「猫とデザイン道」のタラさんが保護された仔猫たちが里親さんを探しています!
ichigokyoudai保護場所:福岡県某所
子猫情報:生後3週間前後 ♂280g ♀220g キジ白ちゃん

下僕さんが広報部長として仔猫のかわいさをアピールする記事を定期的にアップされています。→

良いご縁が見つかりますように!!
Kotoraも→にバナーを設置して応援してます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

更新できるときにつぎつぎと更新していきましょう!

今日はねこひげスタンド記事の最終回です。
これまで小虎ひげスタンド藍ひげスタンド美梅スタンドを紹介してきましたが。
もう一つのスタンドさんが存在するのですよ。

DSC_0042ほらこのいちばん右のヒト。
DSC_0025きれいなアメショみたいな模様のヒト。
DSC_0087このお顔がねえ…。
なにか悪だくみしてる藍の顔みたいで。
藍ひげ用のスタンドはそれはそれで購入して、こちらの方にも来ていただくことに。
DSC_0084この方には二人両方のひげを集めていただくつもりでおります。

以下、藍の悪だくみ。のほんの一例。
DSCN7187めい姉、相方さんのお膝の上って居心地良いよね~。
ほら僕もなめなめしてあげるよ。
DSCN7182めい姉、どう?僕やさしいでしょ?
DSCN7179…とほほえましい光景に見えますが。
一通りなめなめした後、いきなり美梅を押さえつけてがぶり!というのをやるんですよ藍は。
それで、相方の膝の上を自分の場所にしちゃうのです…。
なにくわぬ顔で。
その時のいたずらっ子のような藍の顔がねえ~。このねこひげスタンドさん、似てるんですよねえ…。

以上、5回にわたってねこひげスタンドさんを紹介させていただきました!
皆様も、作々ショップSakusakuさんのところへ行くと、おお!ということで会えるかもですよ~!他にも魅力的な作品が盛りだくさん!
Sakusakuさん、これからもどんどん作品づくり、頑張ってくださいね~!!

2014年春、島へ行く。-マヨルカ動物事情

前回の記事にもコメントありがとうございました。

下僕さん、塩シンフォニー?それよさそう!REIさん、そうです同じです~!Sakusakuさん、ひげのにおい…人間には分からないけど、気になりますよね。Chat-vertさん、なるほど~。ひげが長いと用心深いって一理あるのかも!にゃんたまさん、藍のひげは美梅のひげほどクルンとはなってないです。ピーンとまっすぐ!です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、こちらもなかなか進まない旅日記。
前々回からの続きです。
先週末はイースターで4連休だったにもかかわらず、ちょっと寝子んだりもして…結局一回しか更新できなかったわ。体力つけようと一生懸命ジム通いもしてるのに。やっぱりもっと若いころから鍛えなくちゃいけなかったですかねえ~。このままだと旅日記を終えるだけで今年終わりそう。(爆
がんばろ。

スペインのマヨルカ島に到着した日、Kotoraたちが泊まったホテルがある、マヨルカ東部のSa Comaの海岸を散歩したKotoraたちが見つけたのは。

DSCN7331馬牧場。
DSCN7335スペインでも乗馬が盛んなのかどうか知りませんが。
乗馬。日本では貴族的スポーツ、のイメージがありますが。子供のお稽古事の一つとしての乗馬は、女の子に人気ナンバーワンの動物は馬、なドイツではわりと普通のこと。そのドイツ人が大勢訪れるマヨルカには、ドイツ人のニーズにこたえ(?)、こういう乗馬できる場所がたくさんあるのです。
DSCN7338ねえちゃんさんへ、の写真。
DSCN7348↑もふもふなポニー。
Kotoraも乗馬してみたかったんですが、相方が嫌だというので断念。

実はKotoraたちのホテルがあるSa Comaにはサファリパークもあって、最初ガイドブックで見つけたときおお!と思ったんですが。ネットでの評判が悪くて…。動物の管理状態が良くない、という批判が結構あったんです。ただ、その批判が同一人物から何回も?と思われる節もあって。本当かどうかは分からないんですけどね…。でもそれが本当だとしたら、悲しい思いをするのは嫌だなと思って、躊躇して行かなかったんです。行って確かめてみるべきだったかとも思いますけどね…。
それからマヨルカにある乗馬クラブもいくつかネットで見てたんですが、これにもいろいろ批判が…。同じく馬の管理状態が良くない、と。それも今回乗馬しなかった理由の一つなんですが。

DSCN7349↑ポニーの背中。
Kotoraは馬に詳しくないので分かりませんが。
後日、馬に詳しい人にここで撮った馬たちを見せたんですが、別に悪くはなさそうとのこと。

DSCN7353動物保護に関しては、ほかの国より進んでいるドイツですが。周辺国でもドイツ人が動物保護の活動をしているというケースは良く聞きます。ドイツで見る里親募集にはよくスペインからの犬猫もいるんです。マヨルカからドイツへの里親募集も良く見ます。
マヨルカが好きで住み着くドイツ人も多いですから、マヨルカでそういう活動をしている人も多いんだと思います。でもその一方で、そうやって観光客が多いから、捨てられてしまう子も多いんですよね。例えば、別荘にいる間だけかわいがって、帰るときは知らんふり。あるいは、一緒に旅行に連れて来たはいいけど、途中で逃げてしまったなど。そういうケースも多々あるのです。(主に犬ですが、一緒に旅行に連れていく人も少なくないのです。)
そして、上記のサファリパークやいくつかの馬牧場はドイツ人が経営してるんですけど…ね。
だからこう…スペインだから、とかドイツだから、とか、一概に言えないと思うのですが。
DSCN7354ともかくここの馬たちはみな元気そうに見えました。Kotoraが近づいても優しく接してくれたし。
DSCN7355と、馬場の近くでマヨルカ初猫発見。
その警戒ぶりから野良ちゃんと断定。
飼い主がいなさそうな子にはこの後もマヨルカで何匹か出会うことになるんですが。
ドイツではめったに見ないだけに、う~ん…野良の子がいるんだ…と複雑な気持ちにもなりました。
(めったに見ない、というか、Kotoraは都会町に引っ越してきて3年、のらちゃんに会ったことは全くないです。前にいた田舎町でも完全に野良とわかる子に会ったのは一回だけかなあ…。)
DSCN7363複雑な気持ちのままホテルに戻ります。
前々回にも書いたように、SaComaは町全体が観光客のためだけに作られたような場所なので、シーズンオフ中はこんな風にがら~んとしています。そして殺風景。海はきれいなんですけどね。(笑
DSCN7364いかにドイツ人が多いか…。ドイツ語でArztzentrum(病院)って書いてあります。(笑
miyage閉まってましたが、土産物屋にあった魅力的なマヨルカ土産(?)の数々…。
左上)サ○リオさん的にいいのか?なバッグ。右上)闘牛クッション。欲しくはないけどまあ許容範囲。スペインやし。下)毛色も種類も多いのに非常に残念な感じの猫(やんね?)の置物
DSCN7366ホテルに帰ったらご飯タイム。
今日はマヨルカ料理のビュッフェです。だからか、マヨルカ舞踊を舞う人たち。↑
DSCN7925ちなみにホテルの吹き抜けはこうなってます。
DSCN7367食卓に飾られた不思議な植物。
葉っぱの真ん中に花咲いてますけど…?
gohanたくさん取りすぎないように毎日気を付けなければいけなかったビュッフェ。
Kotoraたちの盛り付け方があれですが、さすがにマヨルカ料理の、というだけあって初日のは本当に美味しかったです。スペインだけあって豚はイベリコ。
全般的にデザートは、日本人には甘すぎ!というものが多かったんですが。
初日に出たこの左下のブランデー漬け(?)の洋ナシはすごくうまうまでした。
でも初日にしかなかった…。

旅の記録はまだまだ続く。
訪問も遅れています…。ごめんなさい!

猫ひげスタンド―美梅係

前回の記事にもコメントありがとうございました。
何人かの方が聞いてくださいましたが、咳は本当に良くなたんですよ!やっぱり潮風は偉大ですねえ~。と、これも何人かの方が書いてらっしゃいましたが。沖縄と似ている、と。確かに。建物の感じとか似てるかも?ですね。これは海風がきついところ特有の建築様式なのか、それとも同じころに建てられた建築物だからなのか…?
と、引き続き藍にお誕生日のお祝いをありがとうございました!

ぬこさん、なんで日本語?というつっこみはあえて控えてしまったのよ。REIさん、イギリス人もドイツ人も旅好き、ということですかね。ねえちゃんさん、海岸でほりほり…。いやKotoraも貝とか探しますが…。にゃんたまさん、マジョルカでなんか歌かなんかありましたっけ?下僕さん、Kotoraも海が大好きなんです。ぱんとらさん、あ~ナダルはテニスの選手ですね?ミロってパルマで亡くなったんだ。知らなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マヨルカから帰って来て早一カ月。早く記事書かなきゃ~って感じで、今週もどんどん記事を書くつもりだったのに全然だった~。(涙)ちなみに今日はドイツ、休日なんです。月曜日まで4連休。うふふ。

今日はねこひげスタンドの記事の続きです~。

DSC_0034小虎ひげスタンド藍ひげスタンドの紹介はいたしましたが。
DSC_0039ここでもう一度、しまねこさんにいただいたスタンドさんの紹介をいたしましょう。
この方にささっていたひげは、半分が藍のだったので、藍のは藍ひげスタンドに移しました。
なのでここにささっているのは美梅のひげだけ。
美梅のひげは先っぽが黒いので分かりやすいんです。
DSC_0067これは誰~!私の知らないヒトよ~!(と叫ぶ美梅
DSC_0070美梅のひげを集めてくれるねこひげスタンドさんだよ。
DSC_0075仲良くしてね。

DSC_0079仲良く!仲良くよ~!一緒に協力していかなくちゃいけないんだから~!
DSC_0076そうそう。ほら。
この子もボーボーになるように、ひげがたくさん見つかりますように!!