引き続きちょっとだけワクチン談としっぽだらりん藍

前回の記事も巻物記事だったにもかかわらず最後まで読んでくださった方々ありがとうございました。そしてコメント、ご自身の体験、ご意見なども沢山ありがとうございました!
またまたすごく勉強になるコメントも沢山いただきましたので、皆様にも前回記事のコメント欄、お時間があったら読んでいただきたいなあと思います。

矢羽さん、こんにちは!こちらにコメントありがとうございました!矢羽さんは抗体検査をなさっているんですねえ。4種のワクチンがある、そして客注もできるってすごいですね!そういう可能性についてあまり考えたことがなかったので参考になりました!みみちゃん幸せだなあ…おいしくって健康なごはんが毎日食べられるんですねえ…。うちも夜だけ生肉又は手作りですが、試行錯誤してます…。

(以下ワクチンの話がまたちょっと長いです。興味のない方は下の方へレッツ・スクロール!)

ところでKotora自身のインフルワクチンですが。結局悩んだ末に昨日やってきました。仕事の関係で、毎週大勢の人と会う、というのが一番の理由です。自分の免疫力に自信がないからというのもありますが…。

と友達に話したら、ちょうど先週こんな番組やってたよと教えてくれました。ARTEという独仏共同放送局の番組で、Impfen – nützlich und riskant(ワクチン接種-その有益性とリスク)というテーマのドキュメンタリーです。(こちらで全部見られますがドイツ語かフランス語です。⇒
もともとオーストラリアの放送局が作ったドキュメンタリーらしく、オーストラリアの放送局のリンクがありました。オーストラリアではHow do you decide whether to vaccinate, or not?という題名です。(こちらで予告編が見られます。英語です。⇒
YouTubeで検索したら全部見られるところがあるかも…。

この番組は人間のワクチンについてですが。最初の方ちょっとだけワクチンの歴史についてやっていて、ワクチン接種って言うのは今の形ではないですが、千年の昔からインドや中国ではされていたことだと言っていて驚きました。
このドキュメンタリーはワクチンをしなかったことによるリスク(ここ数年でフランスを中心に広がった麻疹の例など)、ワクチンをしたことによるリスク(おそらくワクチンが引き起こしたてんかん発作によって脳障害を持ってしまった子供の例。ただしこの子供にはもともと遺伝子の疾患があった。)、両方の立場からワクチン接種についてを検証していました。どちらかというとワクチン接種をしなかったことによるリスクの方が強調されていたかな。いろいろな識者の意見があったんですが、ちょっと興味深かったのは、イギリスのホメオパシーの権威で女王のホメオパシー治療もしているという医者が、ワクチン接種に肯定的であったことです。
このドキュメンタリー制作者がでも一番言いたかったことは、「昨今、様々な情報があるが、大事なのは情報の信憑性をよく検証してみることだ。」ということだと思いました。
ワクチン接種に関するうわさや錯綜する情報そのものを研究する動きもあるようです。ここで紹介されていたのは、医学ではなく文化人類学の立場から、ワクチン接種を人々がどう受け止めているのかを検証する「ワクチン接種信頼プロジェクト(The Vaccine Confidence Project)」というチームです。このプロジェクトでは、学術論文だけではなく一般メディア、ブログなども読んで、ワクチン接種肯定派と否定派の様々な意見を集めて検証しているようです。(HPへ⇒

このドキュメンタリーを見て、人間のワクチンについてだけでもすごく議論されていることなのだなあと改めて認識しました。Kotoraは猫のワクチンの問題について考え始めるまで、人間のワクチンのついてもほとんど考えたことがなかったんですが…。(汗
素人的には情報の信憑性をよく考えて、とか言われても判断が難しいんだよねえ、という感じですが。
Gaviちゃんがコメントで書いてくれたように、リスクがあるからじゃあやめた!というのもまたそれはそれで違いますよね…うんうん。大事なのはきっと、どういうリスクがあるのかという情報を集めておくことですよね。

ドイツで予防接種するときは、接種前に必ず同意書へのサインが求められます。(大人の場合で子供場合は知りません)まず在り得るリスクについての説明書きを読まされて、持病があるかどうかなどのチェック項目にチェックして、同意するかどうかにサインしたうえで、やっと予防接種をしてもらえます。
思えば、日本でもドイツでも、獣医さんで…このようにリスクについての説明を受けたり、同意書にサインを求められたりしたことはありません…。Gaviちゃんやぱんとらさんが教えてくれた、免疫学の権威の石田卓夫先生が言っていて、JBVP(日本臨床獣医学フォーラム)のHPで明文化もされている「再接種は原則として三年毎」という話も知らなかったし…。(⇒)探してみたらドイツにもどこかにあるかも…?ですね。
実際不透明なところも多いのが事実だと思うんですよね…。これは特に動物のワクチン接種について言えることなんでしょうかね。

ともかく来年へ向けての課題は、美梅と藍のワクチン接種を3年毎にするか獣医さんと相談する、ということですね。まだまだワクチン接種についての悩みは尽きそうにないです…。

ところで、前回ちらっと書きましたが、図書館で注文して置いた「犬と猫の検査方法」という医学書が届きまして。血液検査の方法という個所などをパラパラ見てみると、やっぱりあの「ぽたぽた採血法」しか載っていませんでした。ドイツの獣医さんはやっぱりこの方法しか習わないんですかねえ…多分…。

Verbehandlung
ちょっと生々しいのがダメなKotoraにはハードな個所もあったんですが、↑の写真のように保定の仕方についてとか、興味深い個所もありました。右上の絵を見てKotoraは「動物のお医者さん」を思い出しました。

と、実は本日全然違う話をするつもりだったんですが、またワクチンと採血の話が長くなったので、以下ちょこっとだけ写真など…。

DSCN9013Kotora家では春にソファを買い替えたんですが、それ以来ソファの左側上部が美梅と藍のお気に入りの場所に…。いつも↑のように座ってます。

DSCN9014藍の向こうに美梅も見えますがわかりますか?美梅もこの場所が好きなんですが、2にゃんともがこの場所に座りたいとき、藍が美梅を追い出してしまうことも…。

DSCN9016正確にはソファのクッションの上に座っているので安定感はあまりよくないと思うんですが、こんな風に良くリラ~っクスして座ってるので座り心地は悪くないんでしょうね。仲良く座ってくれると問題ないんですがねえ…。

今回は(も?)更新を優先させました。週末伺えたら前回のコメントへのお返事がてら、皆様のところに伺います。もし伺えなかったらごめんなさい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

非公開コメントの希望がありましたら、コメント中にその旨を書いていただければ非公開コメントに致します。

22 thoughts on “引き続きちょっとだけワクチン談としっぽだらりん藍

  1. kotora Post author

    Chat-vertさん、ARTEいいよね。音楽関係でもいい番組多いでしょう?
    フランス、そうなの?それってちょっと・・・ひどいよね?どこかに訴えられないのかな?どこかしらの幼稚園には入れるといいけど…ねえ?
    Chat-vertさん毎年インフルになるの?それは…そうねえ、考えたほうがいいのかもねえ…。どうだろう。
    そうそう。へんこちゃんも多分シャム入ってるでしょう。仲良くシェアは…無理かも…。

  2. kotora Post author

    ANKOさん、難しいですよねえ、なんたって患者は素人なんですもの。なかなか医学のことなんて把握し切れるもんじゃないし…。
    ああそうか!人間を観察できるから好きなんだ!きっとそうだ!
    ソラン君だったらずり落ちますか?

  3. kotora Post author

    ミャミャさん、私もそういう副作用が出ることが多いんですが、今年は大丈夫でした。もう毎年だからドキドキするんですよ…。仕事柄って、ありますよねえ…。
    ピャピャ、かかっちゃったんですか~。今年は大丈夫だといいですね!
    なんかソファのその部分だけいい匂いでもするのかしら…。

  4. kotora Post author

    Chelさん、仕事によってはねえ…必要になっちゃいますよねえ。そうそう、子宮頸がんのねえ。あれ怖いですよね。
    私も大人になってからもう一度、昔打ったワクチンをもう一度打ちましたが。日本の場合記録がないから余計に、小さいころ打ったのはどれか、その中のどれが未だに有効か、とか、わかりませんよね…。(こちらは人間も動物もワクチンパスがあって記録されてるんです)
    一緒にくつろぐ姿…(遠い目

  5. kotora Post author

    アルペンさん、ああそちらの保険だといろいろ得なこともあるけどめんどくさいこともあるよね…。う~ん、それはめんどくさい。
    あれ~?サイン求められたことないの~?えええ…Kasseによってそんなことも違う~?それとも州によって違うとか?
    美梅が藍を?ないない。

  6. kotora Post author

    下僕さん、本当に、無事でよかったですよ…。やれやれです、ビバドイツには!
    ドンタコスちゃん石田先生に相談してもらったんだ!そりゃすごいな。じゃあ間違えないですよね。
    うんうん下僕さんのお世話だったら絶対大丈夫ですよ~!
    カニ爪フライ…保定袋に入った猫ですよ…たぶん。なんかおいしそうに見えますよね。

  7. kotora Post author

    ぬこさん、そうだよねえ。でもお医者さんじゃなかったらいろいろわからないこともあるじゃない?だから万人にわかるような説明をもっとするべきだよねえ。きっと。ドイツに来て、なんでも医療の現場で同意書が多いのにびっくりしたんだ~。でも、手術の時とかに、いろいろ危険を聞かされてそれでもやりますか?ってのに同意するのは結構勇気がいるよ。(笑)ソファね、安くなってたんだ~!(←これ関西人に大事だから。

  8. kotora Post author

    ほんなさん、ないですよね?もっと説明すべきですよねえ。多分。でも昔なんて学校で一斉にやってたじゃないですか。あれもショックとか出る子がいたらどうしてたんでしょうねえ?そうそう、するのがふつうみたいな風潮ありますよね。うんうん、いったん入ったら取り出せないですもんね。
    藍は本当に…しょうがないなあ~って感じです。末っ子だし。

  9. kotora Post author

    ねえちゃんさん、あはは、めんまくんのしっぽはくるりん成り得ませんもんね。
    私なんて全然ですよ~。内容把握するのにもかなり時間かかるし。(汗)インフルはねえ…私も打ったら体調が悪くなることが多いからあまりやりたくはないんですけどね。でも今回は大丈夫だったな。そうですよね。ボランティア関連ではなかなかワクチンを辞める、というのも難しいことですよね…。やるかやらないかは人も動物も、いろいろ総合して、その都度判断していくしかないですよねえ…。

  10. kotora Post author

    Gaviちゃん、またまたいろいろ教えてくれてありがとう~!
    Gaviちゃんはいつも院長先生なんだね~。いいねえ~。うちは院長先生、講演とかでは見たことあるんだけど、病院にいる所をあまり見たことがない…かも。(汗)まあ今の先生は気に入っているから別にいいんだけどね。
    Gaviちゃんのホメオパスさんもワクチン反対じゃないんだね。なんとなくね、自然治療の人たちはあんまり好きじゃないのかなあって勝手に思ってて。誤解していたよ。そうだよね、正しく利用されればいいんだよね。でもそれが難しいよねえ…。免疫力をあげるのは本当に大事だよね。猫たちのことも自分たちのことも気を付けていかないといけないなあ~って思ったよ。

  11. chat-vert

    ALTEっていい番組が多いよね~!
    ワクチン信仰国でそう言う番組が放映されると言う事は、それだけ疑問を持つ人も増えていると言うことなのかもね~。
    でも、フランスでは社会的にはやっぱりワクチンが絶対視されている……と言うか義務化されていたりするんだって。

    私の日仏ハーフでパリ在住の友人が、子供を幼稚園に入園させる時、ワクチンが義務づけられていたけれど、その子がワクチンアレルギーだったものだから大変な思いをしたって言ってたよ。アレルギーだからワクチンできませんって言ったら、じゃあ入園できませんとアッサリ断られたそう!

    あぁ、でも私は最近、毎年のようにインフルエンザに好かれているからヤバイなぁ。ワクチンしなきゃかなぁ。

    動物のお医者さん風なイラストの本、興味深い!またこれは!と言う内容があったら教えて~(^^)/

    今気付いたけれど、藍ちゃんの目の色ってへんこと似ているね~!綺麗なブルー☆
    美梅ちゃんと仲良くシェア出来るといいのにね~(^_^;)

  12. ANKO

    人用ワクチンも副作用の問題が起きてますからね。
    一概に言い切れないけど何よりも信頼出来る情報と判断力が求められるってことよね。
    そこが一番難しいとも言えるんだけど^^;

    ウランも大好き!なんでこんな場所が好きなんだろう?
    ソファに座ってる人を見下せるからかしら。
    ちなみにソランは猫とは思えないバランス感覚しか持っていないので好きじゃないみたいですw

  13. あんずミャミャ

    私も仕事柄、インフルのワクチンは
    毎年受けています。
    打った翌日、必ずと言っていいほど
    頭が痛くなったり・・・の副作用が出るから
    嫌なんだけど
    ピャピャが二年連続でかかっているのを見ているから
    やっぱり打った方がいいかなっておもって。

    あご枕で寝るらんちゃん
    かわいいなぁ♡
    お気に入りの場所がふたり一緒って
    お猫様的に何かあるのかしら(^m^)

  14. Chel

    私も仕事を変えて、今年はインフルのワクチンを打つことになりました。
    ワクチンって色々な問題がありますよね。
    日本でも、子宮頸がんワクチン(…だったかな?)を打った子達に副作用が出て問題になってますし…。

    実は、このインフルのワクチンの他に、私は抗体価検査をして「麻疹」「C型肝炎」「おたふく(小さい頃にしたのに抗体が弱くなっているから打つはめに…)」のワクチンを打ちました(泣)
    風疹は小学生の頃にワクチンを打ったみたいで免れました~。
    こんなに打って何も起きませんでしたが、やっぱりワクチンによる副作用を考えると怖い物がありました。

    ソファ、気持ちよさそうですね~♪
    藍君、ほんと嬉しそうです。美梅ちゃんがちょっといじけちゃってる風な感じでもありますが…
    季節が変わったころに(寒くなった頃に)一緒に寛ぐ姿、見れるといいですね★

  15. アルペン猫

    インフルエンザのワクチン、私、まだやってない~。
    うちの保険だと、インフルのワクチンも処方箋もらって薬局に取りにいかないといけないんだけど、
    昨年、やろうと思って行ったら薬局で”まだ時期なので置いてないです”とか言われて、
    あちこちの薬局行ったりで散々な思いしたからなーんか行くのが面倒で。
    それと、私、Hausarztを二回ほど変えたけど、過去にワクチンでサインとか求められたこと一度もなくって・・・。
    これも保険に関係してるのかしら??

    藍ちゃん、満足そうね~^^
    美梅ちゃんが藍ちゃんを追い出すことってやっぱりないのかしら!?

  16. ドンタコス下僕

    ビバ!ドイツの洗礼受けちゃいましたねw
    でも無事に届いてよかったです(´∇`) ホッ

    石田卓夫先生の名前が(@_@) そっち方面ではかなり有名な先生なのね。
    掛かりつけの先生が、ドン子のワクチンの事を相談して下さったのが石田先生なの。
    次のワクチン接種は、ドン子は接種出来る状態かどうかわからないけど、
    接種出来るくらい元気でいられる事を目標にお世話を頑張ります(*´ω`*)
    一枚目の写真の右上のカニ爪フライみたいな画像は何かちら?保定袋?

  17. ぬこ

    ワクチンてよくわからないよね。。。

    いろいろワクチンを接種したから
    ○○になって、訴える、とか
    ニュースもあるけどさ
    お医者さんだけでなく、全部が受身になってはいけないってことだよね。

    同意書、それ必要だよね~。
    じゃないと、医療の現場がおかしくなるしね。

    へぇ!ソファ買ったんだ!
    いいな。そうやって乗ってるの、よく見るんだけどさ
    うちもソファ欲しい~~♪

  18. ほんなあほな。

    そうですね、人間の場合でも、動物の場合でも、
    ワクチンの際に、リスクの説明って、そうはされないかも??
    せいぜいで、熱を測ったり、「具合悪くないですか~?」って、聞かれるぐらいかも。。。
    「当たり前」、「するのがふつう」・・・っていう、流されるまま.習慣としてはなく、
    自分自身と、大切なちっこい家族の為に、もう少し、疑問を持って考えなきゃなぁ~って、気づかされましたよ。
    身体に入れたワクチンは、取り出せないもんねぇ^^;;;

    藍君、後ろで、美梅ちゃんが、順番待ちしてるの、解ってますよねww
    でも、僕が使うんだもん~って(笑)甘えん坊さんめ~^^

  19. めんまねえちゃん

    藍ちゃん、気持ちよさげにあごまでぴったりしてますねー!
    尻尾くるりん. . . うちでは観られないから興奮しました。(笑)
    かわいいー!!

    うーん、Kotoraさんって本当に勉強家です。
    今回の記事もとても参考になりました。
    私は、たまたまインフルって3回連続くらいで打ってはかかり、っていうのになってしまい、
    やめちゃったんだけど、打たないという事について、あまり深く考えてないかもしれません。
    単に、結局は病院に行って待つのが3,4時間とかしんどい. . . っていうのも大きいから。
    めんまについても、いつも健康そのもの状態の時が少ない(ワクチンのタイミングを逃しがち)
    ことや、病院での余りの狂乱ぶりがなければ、数年ごとにワクチン打ってるのかなあとも思ったり。
    私がボランティア関連で外猫との接触がゼロではないタイプですし。
    ボラさんたちは、流行病で一気に子猫とかが亡くなることを体験してると、
    リスクがあっても(亡くなる子はいなくはないけど)やはりワクチンを打つ方向になっています。

  20. Gavi

    藍ちゃんおシッポくるりんかわいいにゃあ!

    医学書!すごいのにゃあ!
    採血・・・アタシはよく分かんないけど・・・ぽたぽた法、大人しい子ならできるよね・・・
    でも、あばれちゃう子だとホント流血ハロウィン大パーティか、サスペンス番組みたいになっちゃいそうなのにゃあ!(* ̄m ̄)ウフッ アタシだったら大変にゃあ!
    おねえはアタシが診ていただいてる獣医さんはホントに注射器射さてすぐ、あっというまだからね・・・
    麻酔だったり、ワクチンなんかのことは考えるけど、採血のリスクって全く考えてなかったんだって。
    ただ一度、インターンだと思うけど最初の頃慣れてない先生が首から採血したことがあって、その時は血がにじんで・・・それからはおねえが見てるとこでアタシのことは全部院長先生がやって下さるようにお願いしたのにゃあ。

    ワクチンに関してはね・・・アタシが診ていただいてるホメオパスさん(今の日本の主流団体に属する方ではなくて、人間の化学物質過敏症なんかを西洋医学の専門医と一緒に協力して治療なんかもされてる方なんだけど・・・)も、反対ではないんだぁ。特にパルポなんかは人間がワクチン接種の過程で作ったウィルスだから・・・抗体が出来るまでの最初の1,2回は自分のところの子たちには打ってるし、アタシが参考にさせていただいている本村伸子獣医師もはっきりおっしゃってるのは聞いたことはないからよく分からないけど・・・全く打たないということを推奨されてる訳ではなかったと思うよ。頻繁すぎることや、必要がないもの(例えば確か・・・ワンのレプトスピラなんかは細菌に関わるワクチンで長くて半年位しか効力がないんだって。それをその菌がいない時期に打ったら全く意味はないよね・・・)をアジュバントみたいな他の余分なものまで入れたり、量の問題もあるみたいだけど・・・そういうことが問題なんであって、(毎年なのか、3年なのか、小さな時だけなのか、全く打たないのか・・・色々状況を考えて)正しく利用すればいいものなんだと思うんだぁ・・・
    デフォルトとされていることが本当に正しいことなのか、色んな方面から見て、自分で考えること、もし、決定を下したのなら、迷わずにどうしたら害が最小限で済むか・・・免疫を上げていくなりなんなりケアすることが大切だと思うんだぁ・・・

    また長くなっちゃってごめんにゃあ!

    藍ちゃんってやっぱいたずらっこのお顔だと思うのにゃあ。(* ̄m ̄)ウフッ

  21. REI

    そういう番組、いいですねえ。 情報が多すぎるってのも大変だけど、
    やはり自分で判断する為には必要だし、その為のヒントは欲しいです。

    人間のワクチンといえば、日本で話題になっているのは子宮頸がんワクチンでしょうか。
    それぞれ癌の経験者、家族と副作用の被害者で意見が正反対になっています。
    麻疹の場合は明らかにワクチン打った方が良さそうに思います。 男性にもね。
    前にも書いたかもしれないけど、篠田節子の夏の厄災はご存知ですか? 所詮、小説だけどね。

    本の右上の初め人間ギャートルズのお肉みたいなのは何かしら? (笑)

    藍君はまだ末っ子気質なんですね。 って末っ子だけど。
    大人の猫は子猫に色々と譲るでしょう。 美梅ちゃんにとってはまだ藍君はちびっ子なのかも。