2014年春、島へ行く。-Formentor半島の夕暮れ+ダ・バードもどき

前回の記事にもコメントありがとうございました。
Kotoraも高いところは結構苦手な方なんですが、ここはちゃんと柵があったので比較的安全でした。それでもじっと見つめていると吸い込まれそうで怖かったですけどね。ほんなさん、本当にそうですよね。Kotoraもむか~し東尋坊に行ったときはさすがに自殺の名所だわ。と思いました。日本の断崖絶壁って演歌ですよね。
REIさん、今のKotoraなら拍手する気持ち、とっても良くわかります。(苦笑)Moguさん、ええっと、どうだろう?そうかも?

下僕さんのところから聞いた前回アップした多頭崩壊の情報。なんだかややこしいことになっているようです…。(下僕さんの記事へ→ぱんとらさんもコメントに書いておられますが、Kotoraもそうだと思います。ドイツではこういう人たちのことをMessie(メッシー)というんですが。Wikiのリンクをたどると日本語ではごみ屋敷に当たるんですね。これは精神疾患の一種なようですが。飼い主の方もちょっと助けられなければならない立場にあるのではないかと思うのですが…。行政はどう動いているのでしょうね。ちょっといろいろ気になってしまいます…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぱんとらさんがかわいい仔猫を三匹保護されました。

140624_chu-uma-ちゅー太(仮)
140624_koi-ashコイチ(仮)/アッシャー(仮)
今は仔猫だからかとっても縞々が細くて、Kotoraがむか~し一度だけ会ったことがある不思議な模様のネコさんに似ているのです。すごい美形男にゃんにみんな育ちそうですよ。
良い里親さんが見つかりますように!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてくどくど続くマヨルカ紀行。
本日も4日目、Formentor半島の先っぽまで足を伸ばしてみましたよ。
DSCN7687その途中でこんな人たちに道を阻まれてしまいました。
人里離れたところにある何かの教団本部(?)みたいなところにヒツジがたくさん放牧されていたのです。
DSCN7690その先を行くと岩のトンネル。なんか…落石が怖いんですけど…。
DSCN7699さらにずずっといくと、半島の先っぽの灯台が見えました。
DSCN7706よくこんな先っぽのこんな人里離れたところに灯台造ったなあ…。
でも灯台って大体そういうびっくりするようなところにありますよね。
DSCN7708…と、ふと見るとなんかどこから来たの?なヤギが…。…謎。
DSCN7718海の碧さもすばらしい色だなあと思うんですけどこの山肌もねえ。何とも表現し難い色合いなんです。この赤というかピンクというかな山肌に緑?なんて表現したらいいんでしょう?この木の色。
こんなことだからKotoraは絵が描けないんでしょうね…。
DSCN7722帰り道でもところどころで車を止めて断崖絶壁から下を眺めてみます。
DSCN7729この微妙な色合い!青の混ざり具合!
DSCN7723だんだん日が落ちていくと、より一層幻想的な雰囲気に。
DSCN7728なんか変な植物。茎ばかりで成り立っているような…。
DSC_0663水平線。このグラデーション。
ず~っと眺めていたいわ、って思っていたのに相方がもう行こうよ、というのでしぶしぶ車に乗り込みました。

まだまだ続く…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お馴染みヨーロッパの大手ペット用品ネットショップ、Zooplusで安くなっていたので…。
DSCN8299ダ・バードに似たおもちゃを3本購入いたしました。
DSCN8302やっぱり羽が好きなので、すごい食いつきです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カン太ママのところの、カン太君が、旅立ちました。

o0500033512034570421カン太君、カン太ママと会えたかな?
↑はカン太ママのところをのページをめくっていて、あ、かわいい、と思ったお写真です。
カン太ママ、お借りしました。
カン太君、安らかにね。ママとしばらくのんびりしてから、ドイツにも遊びに来てね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

非公開コメントの希望がありましたら、コメント中にその旨を書いていただければ非公開コメントに致します。

18 thoughts on “2014年春、島へ行く。-Formentor半島の夕暮れ+ダ・バードもどき

  1. chel

    ヒツジさんって、こんなに足がスムースだったかしら?なんて思っちゃいました(笑)
    普段、ボディがモワモワだから足もモワモワなイメージだったのかな?
    足ながーい、なんてノンビリ思っちゃいました~。ww

    羽のおもちゃ、楽しそうですね♪
    買ったおもちゃ、喜んでくれると嬉しいですよね~♪
    逆に遊んでくれないと、本当に寂しい…これ!って思っても遊んでくれない時があって(泣)
    こんな姿が見れたら嬉しいですね★

  2. Gavi

    うわあ!また一段と絶壁にゃあ!
    高所恐怖症のおねえガクブルだよ!

    藍ちゃんよかったにゃ!
    羽根さん大興奮なのにゃあ!
    美梅ちゃんはどうにゃあ?(* ̄m ̄)ウフッ

    ぱんとらおねえちゃんに教えていただいたけど・・・きっと今頃お空の上で、うんと甘えんぼしてると思うのにゃあ!
    カン太ちゃんもカン太ママおねえちゃんもがんばったものね。
    きっとお空の上で色んなお話してにっこりりんしてるよね^^

  3. kotora Post author

    REIさん
    へえ…それは面白そう!後で調べてみようっと。いやいやREIさん、ごみ屋敷って本当にすごいですよ。なんか修道院のようなところがあるなあと思って良く名前を見てみたら新興宗教かなあ?と思ったので。本当にそうですよね…。本当に立て続けに…なので…ご家族がねえ…。

  4. kotora Post author

    Okapanさん
    あ、トクサっていうんですね?ワイ島にもありそうですが、どうかな?あ~羽大事に使っていただいてありがとうございます~。そちらの海も一度見に行ってみたいものです本当に。

  5. kotora Post author

    Eikoさん
    やめてしまわれたブロガーさん、どうされてるのか心配な方も何人か…。あの時は書くことによって救われたという面もありましたけどねえ…。Eikoさんのところのにゃんずのかわいいお写真、どんどん見せてください!カン太ママのことは私でも思い出すとまだ辛いので、ご家族は立て続けで…もっとおつらいのではないかと…。

  6. kotora Post author

    アルペンさん
    そうだねえ。海沿いにもねえ…確かに。でも山もあったから。(笑)九州の海もきれいそうだもんねえ~。行ってみたいわ。カン太君、そうだよね、寂しくないよね…そう思いたいよ…。

  7. kotora Post author

    ねえちゃんさん
    ね、色が全然違いますよね。不思議ですよね。お役所、そうなんですかねえ…。自治体によっても違うでしょうけど…。カン太君、会えましたよね。きっと。

  8. kotora Post author

    下僕さん
    あはは!ヒツジさんそうだよね、確かになんか不自然だと思った!灯台の写真のこと褒めてくれてありがとう!アークエンジェルってそうだったっけ…?とにかくいい方向に話が進むと良いのだけど…。

  9. kotora Post author

    ミャミャさん
    ははは、キュッとなりますか。あ、これはダ・バードじなくて、あくまでも「もどき」なんで。2EUROもしなかったと思います。ね…カン太ママとカン太君のことを思うと涙が出てきます…。

  10. kotora Post author

    ぬこさん
    そうなんだ~!調べてくれてありがとう!でも建てるの大変そうだよね。赤い玉ね、わざと太陽に焦点を合わせてみたんだけど、あんまりやりすぎるとレンズ壊れるよね。カン太君きっと思いっきり甘えてるよね。

  11. REI

    わが町には日本で一番古い木造灯台があるのだ! (多分・・・違うかもだけど・・・)
    どっちにしても街中なのよ。 昔は海辺だったのが不思議なくらいに。

    最近私もアニマルホーダーという言葉を知りました。 ゴミ屋敷と同じに病気ですね。
    ゴミと違って被害にあう動物がいる事がもっと酷いです。 ゴミ屋敷は我が家も・・・。

    またそんな所を覗きこんで! 怖いじゃあるまいか! 
    教団って、サティアンになってるの・・?

    かん太ままさんとは面識がなかったので触れずにきましたが、亡くなられた後にブログを拝読し、
    辛くて辛くて・・。 あんなに一生懸命生きている方なのに・・・。
    かん太君、ままを一人で旅立たせたのが心配だったのね。 強い縁ですね。
    残されたご家族が更に辛いのか、二人一緒になら寂しくないと思われたのか、知る由もありませんが、
    どうぞ後者と思われていますようにと祈るばかりです。

  12. okapan

    半島めぐりの写真、どれも日本では見られないような景色で
    ため息が出ますね。
    海の色はきれい。
    深く青い色をしていて
    こちらでの外洋もこんな感じです。

    茎だけの草、トクサではありませんか?
    なんかそんな感じです。

    ダバード、人気ですね。
    うちでも以前kotoraさんから頂いた羽、
    いまだに健在ですよ。
    多少羽は折れましたが・・・まだまだ遊べますよ。

  13. eiko

    2008年からブログを始め、
    いろんな猫ブログにおじゃましてきました。
    その間にたくさんの猫たちが亡くなりました。
    うちでも、飼い猫だけでも2匹。
    猫ブロガーさんも、ブログの主役である猫が亡くなると、
    ブログの更新をやめてしまわれます。
    私も気持ちはわかります。
    何を書いたらいいか、沈む気持ちを書いていいものか、悩んでしまいます。
    kotoraさんも、経験されましたよね。
    猫との別れは猫を飼うものにとっての宿命だけど、
    やっぱりつらいですね。
    私もブログをサボりながら、やめようかと考えたことも多々ありますが、
    カワイイ顔が撮れると、人様に見て欲しくなります。
    う~ん・・・、なんだかとりとめのない文章でごめんなさいね。
    ブログどうこうは関係なく、
    猫との死別はつらいけど、
    猫との生活はそれを凌駕する喜びですもんね。
    カン太くんのブログは存じていましたが、
    カン太ママさんも亡くなられていたとは・・・。
    ご冥福を心よりお祈りいたします。

  14. アルペン猫

    羊とかヤギとかって、高い山に放牧されてるイメージが強い私。
    こういう海沿いの場所にも放牧されてるんだ~。
    でも彼らって崖のところなんてすごく上手に歩いてるから、こういう景色の場所、納得。
    海の青さ、いいね~。
    よく行った七ツ釜、思い出すなあ・・・。
    おもちゃ、楽しそう!
    でもうちはもう、おもちゃを選ぶ楽しみがなくなったわ(涙)。

    カン太くん、ママさんのところまで追っかけていったのかな・・・。
    でも、うん、天国でも寂しくないね。
    カン太くん、安らかに・・・。

  15. めんまねえちゃん

    美しいですね!でも、前の記事も含め、大丈夫なところだと聞いてもおしりがむずむずします。(笑)
    土とか、空気とか、それぞれの国でどうしてこんなにも違うんでしょう。世界って不思議。

    多頭飼育の. . . つらい. . .
    日本だと、ゴミ屋敷は苦情が来ないとどうもしないという認識が。違うのかしら。
    けっこう、お役所はたまーにいっても. . . 知ってるところでも、うわっつらだけで深くは立ち入らなかったり. . .
    助けようというよりは、自分の仕事の範囲内でちろっと、という感じでした。警察や保健所もきてたけど、
    ほんとにちらっと。

    カン太くんは、きっとママにあったでしょうね. . .

  16. ドンタコス下僕

    ぱんとらさん家の3にゃん、イケニャンに育ちそうよね(*´艸`*)
    例の多頭飼い崩壊に後から入った団体のアークエンジェルって
    ドッグパークで一時期問題になった団体じゃないかな?
    続報が入るといいんだけど…

    ヒツジって足がそんなにむき出しだっけ?
    なんか超ミニスカを履いてる子を見てるような気持ちにwヾ(^ω^;)オイオイ
    灯台の写真、このままポストカードに使えそうなくらい綺麗。

  17. あんずミャミャ

    これまたすごい断崖の写真~(><)
    本日も*がきゅっとなりました(^^;

    ダ・バード、私も気になっているのですが
    なかなかいいお値段がするので
    買えずじまいw

    カン太くんの記事、見てきました。
    あと半日で18歳だったのですね・・・
    大好きだったママさんのところにやっと行くことができて
    今は楽しく走り回っているのかな。
    やり取りはしたことないけれど涙が出ました。

  18. ぬこ

    灯台って、航行する船とかに暗いときでも
    光源を明滅させて、今の位置の指標となるように設置された建物だから
    そういう隅っこにあるんだって~。また調べた(笑)

    本当に幻想的だね!
    幻想的と書いてる写真、赤い玉ボケが写ってて、おお~~と思って見入ってました~

    いきなり3本も買ったんだね♪
    乱ちゃん・・・じゃなくて、藍ちゃんがしっかり遊ぶからかな?(笑)

    カン太くんのお写真、いいの選んだね。
    何か言いたげなお顔している。
    安らかに、きっとカン太ママさんにたくさん甘えてるだろうな。