2014年春、島へ行く。-鳥と交流しよう!+いごいご藍

前回の記事にもコメントありがとうございました。
動物実験に関する皆様のご意見も書いていただいてありがとうございました。

ミャミャさん、ES細胞ってそうなんだ!何かで代替できるようになったらねえ…。Gaviちゃん、それいいね。ちゃんとアンケートに書くって!Kotoraもそうするように心がけてみる。ぬこさん、Kotoraもちょっと自粛した。いつかじっくりリアルで議論したいね。REIさん、嵐が丘ですね。Kotora、舞台になった村に行きましたよ。むかし。ドイツではリューネブルクが有名ですよね。まかないさん、のところはまたこう…南国チックな植物がいっぱいなんでしょうねえ。下僕さん、ああKotoraもだよ。Kはすぐに目につく。でもね、だからこそ意識的にフィルターを作るようにしてるの。つまり細部を意識しないようにするの。Moguさん、一昨日水辺を歩いててなんかに刺されてすごく腫れてるの…。(涙)ぬかかかなあ?Chat-vertさん、Kotoraも毛皮には大反対で、こちらでもたまに毛皮の店を見るんですけどそれこそ赤いペンキをかけてやりたくなります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しつこく続く旅の記録。
スペインマヨルカ島のアルブフェラ自然公園に行った時の話です。

鳥がいないいないと思っていたらいきなり…。

DSC_0505すんごい間近に鴨の夫婦(?)とニセオオバン。
DSC_0508このニセオオバン、頭の上に赤い冠を付けているんですよね。写真では分かりにくいですが…。
DSC_0510でも足はオオバンっぽいし…。もうちょっと説明が欲しいなあと思わないでもなかった自然公園。
DSC_0513こちらの鴨はドイツにも日本にもいるタイプですよね。これはオスです。頭のグリーンが美しい。
DSC_0514ねえちゃんさん用です。
DSC_0518すご~く近くまで来てたんですよ。ニコン一眼のバリアングルを駆使して撮影。
DSC_0522頭の冠見えるかな?向こう側にいるのは鴨の雌です。自然界では女のほうが地味ですね。
DSC_0525実はKotoraたちと一緒にスペイン人の親子がこのヒトタチを観察してました。お子様たちは座り込んで鳥を見てたんですが。ね、すごく近くまで寄ってるでしょう?
DSC_0530その親子のお父さんもすごい広角レンズで鳥を熱心に撮影しておられました。
DSC_0533お互い言葉が通じないのでKotoraたちと親子ははにかみ合いながらその鳥観察のひと時を一緒に過ごしていたんですが。なんか感じのいい家族でした。
DSC_0538言葉は通じなくてもなんかそういうの、分かりますよね。
DSC_0540お!鳥が三匹並んだよ。違う種類なのに仲がいいね。
DSC_0544でも一番きれいなのはやっぱり鴨のオスですね。なんかおちりのほうにくるんと巻いた巻き毛があるわ!
なんかおしゃれ~。

続く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

捕らわれの藍。

DSCN7125ぐねりん。
DSCN7127びちびちびち。
DSCN7129魚のように跳ねてました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4年前にこちらの記事に登場してもらった、Kotoraのお友達のインコさんがお星さまになりました。

blog_import_512f89039ecb2右側の子です。
手に乗ってくれたりして…インコの手って温かいんだなあと思ったのを覚えています。
かわいかったなあ~。お部屋の中を飛び回ったりして。
安らかに…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

非公開コメントの希望がありましたら、コメント中にその旨を書いていただければ非公開コメントに致します。

13 thoughts on “2014年春、島へ行く。-鳥と交流しよう!+いごいご藍

  1. chel

    カモさん達のオチリだったりよちよち歩く姿が可愛いですね~♪
    思わず一生懸命写真を撮ってしまう気持ち、分かります。
    そして、共通の何かがあるとはやり繋がる(?)物があるですね!
    私もブログを通して色んな方に出会いましたが、嬉しい瞬間と言うかなんというか。
    これも素敵な出会いですよね★

    ビチビチしている藍君、可愛いです(笑)
    大好きな相方さんなのに…抱き方の問題ですかね。
    面白かったです~。
    そして、先日の膝の上の美梅ちゃんも可愛かった~オテテがギュッてなってて気持ちがいいんだなぁって思いました★

    インコさん、どうぞ、安らかに…。

  2. REI

    嵐が丘の舞台になった村があるんですか! しかもそこに行かれた!
    重苦しい所でしたか? エリカが沢山さいていたら綺麗な気がするけどなあ。

    鳥さんに会えてよかったですね。 しかも種を超えて仲良しの鳥さんたち。
    Kotoraさん達も国の壁を越えて、テレパシーで感じ取れたのね。
    旅先での些細な?友好って気持ち良いですよね。 全く言葉が通じなかった訳ではないですが、
    ネパールでのベルギーからの親子、チロルでのフランスからのおじい様(ドイツ語が話せました)、
    同じくチロルでのイギリスからのハイカー。 一期一会の良い思いでです。

    抱きかかえられたピチピチを見ると関東の人間は「ハトヤ!」と叫びます。
    関西でも知られているのかしら?

    インコさん、一匹だけ残された子が可哀想・・・。

  3. ちょこぱん@マルトヨ

    ぶふふ。ぷりけつ可愛い。
    動物のおちりってなんてかわいいんだろう。
    鳥ってオスの方がおしゃれな毛なのかしらね?
    藍くんバタバタしてますねえ。お魚(笑)

    とても小さい頃番いで飼っていました。この色のコたちでした。
    小さい鳥かごでしたけど ちゃんと木箱も入れてあげたら
    子も産みました。可愛かったです。思い出しました。
    どうぞ安らかに。。

  4. めんまねえちゃん

    インコちゃん安らかに. . .
    前の猫、ミンミンはインコやハトと一緒に育ったので、
    けっこう猫と一緒にいるイメージがあります。(私には)
    たくさんインコと暮らしたけど、それぞれ性格とかはっきりしてて、
    みんなかわいかったなあ。
    情報が手に入りやすいときではない時代に飼ってたから、
    なんか大いに間違ってることもあったのだと思うけど. . .
    インコに咬まれてひねられるとほんとに痛いです。ってなにを思い出してるのだろう。私。

    違う鳥のショット、かわいいですね。並んでる。
    もちろん(?)ぷりけつお借りしますよ。フフフ。
    言葉が通じないときでもなにか通じるときってありますね。
    藍ちゃん、とれとれピチピチ. . . (笑)

  5. Gavi

    水鳥さんたちってけっこうおきっいよねー!
    アタシは・・・水鳥さんたち、近くに来るとびびっちゃうよ。
    Kotoraおねえちゃんは強いおねえちゃんなのにゃあ!
    ニセオオパンさん珍しい鳥さんなのかなぁ?
    お首に監察?ついてるにゃあ!うんとあちこち旅するのかなぁ?

    ぴちぴち藍ちゃん、ハトヤのCMみたいなのにゃ(* ̄m ̄)ウフッ

    インコさん、安らかに。
    おねえも青いセキセイインコさんと暮らしたことあるけど、あの子たちお利口さんでおしゃべりさんだよねー(* ̄m ̄)ウフッ
    おねえのお名前覚えて、いろぉんにお話してくれたって。
    きっとお空からKotoraおねえちゃんにいっぱいお話してくれると思うのにゃあ。

  6. ぴーちゃんママ

    コトラちゃん、コトラちゃんのブロ友の皆様、みなさん優しくて感動しました。ほんとうにありがとう。
    ぴーちゃんは家の近くの小川の近く、大きな木の根元に埋めました。パウラが大きな声で鳴いたら聞こえるくらいの距離です。
    ぴーちゃんの昔の写真を見ていたら、シャオフーの写真もあって、とても懐かしかったです。
    心の準備はできていたけどやっぱりお別れは悲しいですね。死ぬ前の日の朝までわりと元気だったこと、最後はあまり苦しまずに眠るように旅立ったことがせめてもの救いです。虹の橋のたもとでシャオフーと会ってメイメイやコトラちゃんたちの話でもしてくれていたらいいな、と思います。

  7. アルペン猫

    鳥って違う種類同士でも喧嘩せず仲良くできるものなのかな。
    それにしても、鳥の名前、詳しいね!
    私、よく見る鳥でも未だに何がなんだか・・・だよ(汗)。
    言葉は通じなくても・・・っての、うん、分かるよ~。
    私も最初、ドイツ語がよく分からなかった時、とある場所にいた一匹の猫を見ながら、
    知らないドイツ人とお互いニコニコし合ったのを思い出すわ(笑)。

    藍ちゃん、うん、活きのいい魚みたいね(笑)。

    インコ、飼ったことはないけど、けっこう好きだから動画サイトでいろんなインコちゃん見てる・・・。
    インコさん、安らかにね。
    もう一匹の方のインコちゃん、寂しくないかしら・・・。

  8. mogu

    言葉が通じなくても共通する何かがあれば、お互い通じるってあるある〜
    そういう瞬間、時間って良いよね。
    種類が違う3匹の鳥もそう思ってたかもね(笑)

    藍君、上半身グルグル〜
    抜け出せなくて頑張ってるね〜
    私もハトヤとカニ道楽のCMを思い浮かべた!

  9. あんずミャミャ

    この鳥さん、人になれていますよね~(@@)
    鳥はめったに撮ったことがないのだけれど
    難しいですよね。

    囚われの身のらんちゃん
    ハトヤのCMを思い浮かべてしまいましたw
    ↑わかりますか~?

    子供のころインコが大好きだったのですが
    動物が苦手の母の影響で
    飼うことができませんでした。
    かわいいですよね。
    安らかに・・・。

  10. ドンタコス下僕

    ねえちゃん用のぷりけつ写真www
    うん、ねえちゃんは守備範囲が広いもんね。
    向こうのご家族も「鳥好きだなムフフ」って思ってたかも。
    下僕が初めて命を意識したのは、飼ってた文鳥の死だったの。
    子供だった事もあるけど、数日間その文鳥をポッケに入れてたの。
    冷たく硬くなった体を暖めたら生き返るって思ってたのかな…
    お友達も相方のインコちゃんも寂しくなるね。

  11. eiko

    私のたま~にしか更新しないブログにいつも訪問してくださってありがとうございます。
    鳥の写真、きれいに撮れてますね。
    藍ちゃんの動き、静止画なのに動画のように伝わってきます。
    大きい猫に嫌がられるとああなりますよね。
    筋力と伸びる皮で捕まえておくのがタイヘン。(=’m’) ウププ

    ウェブサイト、ちゃんとリンクできてるかな?
    今度コメントするときはメルアド書いてみようかな。
    携帯のアドレスでもいいのかな?

  12. ぬこ

    うんうん。
    いつかじっくり議論しようよ!

    冠の赤いのなんとなく見えた!
    なんかニセオオバンちゃん、顔が熟れたバナナみたい。長いからそう見えたのかな(笑)
    鴨さんて、本当にきれいな色してるよね~。
    毛のある動物の色って不思議だといっつも思う!

    インコちゃん、きっと今でもずーっと羽ばたいて飛んでるよね。
    安らかに。。。

  13. しまねこ

    あんまり近くで観察する機会はないけれど、
    水鳥さんたちって独特の魅力がありますよね~
    ウチの辺りは水田が多いので、鴨、アオサギ、シロサギを
    よく見かけます
    特にアオサギが好きなんです、ワタクシ(*^_^*)
    ああもっと近くでじっくりみたいなぁ~といつも思うのですが
    アオサギって結構警戒心が強くて・・・^^;

    鳥と一緒に暮らしたことは無いけれど、
    友人の手乗り文鳥さんに、初めての「手乗り体験」を
    させてもらったことがあります
    重さがやっと感じるくらいのはかなさですが、愛らしかったこと!
    お友達の心中、お察しいたします
    どうぞ、安らかに・・・