2014年春、島へ行く。-パルマの大聖堂+相方ラブな美梅

前回の記事にもコメントありがとうございました。
前回のカタツムリですが…カタツムリじゃないかも?というのが下僕さんの調査で分かりました。Kotora、キセルガイなるものの存在を全く知らなかったので、カタツムリだとばかり思っていましたが。キセルガイなのかも!いやかたちといいなんといい、これは絶対キセルガイ!そしてキセルガイって、九州では信仰の対象なのだとか!?下僕さんアルペンさんはご存じなかったようですが、他の九州在住の皆様、ご存知でしたか!?そんなおめでたい生き物なら連れて帰ってこればよかったな~。なんて。

ガラスの下から~な写真。皆様も是非、機会があったらやってみてください!!

ぬこさん、うん、カメラは肌身離さず持ってた。REIさん、KotoraはNordseeは基本…避けます。(爆)一度お寿司を食べてなんやこれ!って思ったので。北ドイツでもあまり貝は食べないですね。まかないさん、Germin…そうみたいですね。うちのもドイツ製ですが…時々フリーズします。(笑)お茶の道具ね!確かに!Chelさん、それ、Kotoraも思いました。でもドイツはそこまで暑くならないからなあ…。REIさん、やっぱり同じ薄さびですもんね!って美梅の場合はなんだか良くわからないですが…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スペインマヨルカ島最大の都市にしてバレアス諸島自治州の州都でもあるパルマ・デ・マヨルカ。
今日はそのパルマ・デ・マヨルカの大聖堂で撮って来た写真をアップしたいと思います。

DSC_0258まずは正面門のなんか意味ありげなシンボルいっぱいの彫刻。
中央はマリア像です。
DSC_0259この教会、古くは14世紀初めごろから建てられ始めたようですが、
完成したのは20世紀初め。(Wiki独参照→
気が遠くなるような…。サグラダ・ファミリアがまだまだ完成しないのもうなずけますよねえ…。
DSC_0261お天気が良かったのでロゼッタ(教会の丸いステンドグラスの窓)がこんな美しい演出を!
DSC_0262ここのロゼッタ、世界で一番大きいってここのガイドブックには書いてありますが…。(直径12.55m)
Kotoraも行ったことがあるストラスブールの大聖堂のロゼッタのほうが実は大きいんですよ。(直径15m)
DSC_0264大きさ詐称疑惑(?)はともかく、でもKotora、ここのロゼッタかなり好きです。
お花のような模様がかわいいし配色もいい!
世界で一番好きです!(世界中のロゼッタを知ってるわけではないけど)
DSC_0269この町…かなりお金があったんでしょう…かねえ?…きらきら~。
DSCN7527天使?シャボン玉?
いやきっと何か深いキリスト教的な意味があるのでしょう。
のんびりする、が今回の旅のテーマだったので、いろいろ調べたりせずありのままを楽しもうと思ってたんですが、やっぱりいろいろ、これは何?と気になるところがありました。かといってガイド付きで回る気にもならず。入口のところでもらった冊子があったんですが、そのドイツ語がかなり残念な感じだったのでそれもあまり読まず…で。まあ気が向いたらそのうちネットで調べてみようっと、と思ってまだ調べてないわ。
DSC_0268奥に見えますのはかなり新しい部分。1957年生まれのマヨルカ出身の芸術家、Miquel Barcelòという人が作った礼拝堂です。完成は2007年!ほんと新しい!
DSC_0271この…なんだか一見おどろおどろしい礼拝堂は陶器で出来ていまして、聖書に記されている、イエスが起こした「パンと魚の増殖の奇跡」を表しているのだとか。
DSC_0273どうりで魚介類が沢山いると思った…。
DSC_0282良く見るとユーモラス。
DSC_0283後ろでドイツ人のイケイケ風な兄ちゃんが「悪趣味だな!」と吐き捨てるように言ってましたが。Kotoraはあのお魚の部分は嫌いじゃないですよ。
DSC_0296ロゼッタの前にぶら下がっている飾り、これはかのガウディ師匠の作品です。
DSCN7528この上からつってある天蓋飾りもガウディ作。ガウディはこの教会の改修を依頼されていたのです。
DSCN7526その奥に…またマリア像。

ゆる~く見学してみましたけどかなり見ごたえのある教会でした。
また機会があったらガイド付きで見学してみようかな~。

旅の記録はまだまだ続く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓の美梅は「猫ブログなのに教会とか海とか何なのよ!」と怒っているわけではありません。
DSCN7248見てお分かりのように、相方のお腹の上でくつろいでいるのです。
DSCN7254ご満悦…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

非公開コメントの希望がありましたら、コメント中にその旨を書いていただければ非公開コメントに致します。

15 thoughts on “2014年春、島へ行く。-パルマの大聖堂+相方ラブな美梅

  1. chel

    ロゼッタ、すごくキレイ~ってコメントしようと思ったら、美梅ちゃんの真剣なまなざしが…(笑)
    美梅ちゃんがご満悦なの、分かる気がします!
    だって、とらがお兄さんとラブラブしている時、こんな顔する事ありますから~。
    すごく可愛いです~♪

  2. Gavi

    教会って何かいろぉんな意味があっておもしろいよね・・・
    異邦人のおねえは、何かちょっとコワイような気がするって・・・
    幼稚園はカトリックだったんだけどねー (* ̄m ̄)ウフッ

    さすがスペイン!ガウディが手を入れてるのにゃあ!
    なんかお得に感じなのにゃあ!

    美梅ちゃぁん、くつろいでる時はもっとにっこりりんするにゃあ!
    ちょびっとキンチョーしてるみたいなのはそばに藍くんいるのかにゃあ? (* ̄m ̄)ウフッ

  3. katter

    Kotoraさん、こんにちは!

    荘厳な教会ですね!

    おおきなロゼッタ、明りを受けていっそう輝いて見えます!

    壁には数えきれない魚たち・・・
    陰影が、それぞれのモチーフに迫力を与えてますね。

    マヨルカ島、一度いってみたい場所の一つです(*^_^*)


    いつもご訪問&コメントありがとうございます!
    明日から帰国することになりました!
    暑い夏の日本・・・なにを着たらいいのか?
    只今、絶賛迷い中です~

  4. REI

    ああ、良かった、下の美梅ちゃんの写真が心霊写真?ってぞっとしてたら、やっぱり手だったのね。 
    誰も突っ込んでなかったら私だけが見えたのかと思っちゃうところでした。
    うちはマックがお腹に乗りますけど、なぜかお尻が私の顔の方。 *は要らん!

    聖堂、外見と違って中は色々な時代・様式が混ざってるんですね。
    西洋の教会は長い間かかるからなのね。 ザルツブルクはその点、違う様式が混ざってるのは一つだけかな。
    (フランティスカーナキルヒェ) あれ、もしかしたらドイツ語圏はさっさと造るの?

    私も新時代のは苦手に見える。 ガウディはさっぱり判らんし。
    確かにお魚さんはコミッシュにみえるけど、全体はオドロオドロしい感じ。
    ロゼットは私も始めて知りました。 バラ窓っていうのね。 お勉強になりました。 ステンドグラスで光が入ると、神々しくなりますね。
    この島は地中海貿易の中継点だったのかな? (と、自分では調べず書いているので無視して下さい)

    ノルドゼーでお寿司? ザルツブルクには無かったメニューです。 パエリヤが美味しかったです。
    それと魚のバーガー。 鯵みたいな青魚のフライがパンに合うとは思ってなかったので、一寸驚きでした。
    酢漬け魚バーガーもけっこう食べられました。(これはミュンヘン)

  5. ANKO

    キンキラキンの華美な建物よりも、こういう時代を感じるものの方が好き。
    特に宗教建築は想いが違うから細部まで凄いね。
    一日中いても飽きなさそう。
    美梅ちゃんもお腹の上に一日中いても飽きなさそうね^^

  6. sally

    すごく素敵~!こういうとこ行ってみたい~!
    ロゼッタっていうのね、ほんと、キラキラ輝いていて美しいわ~。
    こういうところへ行って、しばらくのんびり眺めていれば、心洗われそうね。
    美梅ちゃん、ほんとご満悦なお顔(^^)

  7. めんまねえちゃん

    おお、なんか確かに言われるとモダンなつくりですね。
    ステンドグラス、美しいなあー。
    本当は、最初絵付けがやりたくてステンドを習ってたんだけど、
    絵付けが無茶苦茶お金かかるからそこまでやってなくて. . . かまなどがあったら、
    独学でもできるのかもだけど. . . うーむ。
    魚とか、かわいいーーー。ああ。

    あの子やっぱりカタツムリではなかったんですね、信仰の対象???
    民間薬になるとかも書いてあってびっくりです。
    ちょっと、あれですね、カタツムリよりナメーに近い感じがしますね。カタツムリは
    飼ってみると、案外活発で獰猛だからかも. . .

  8. アルペン猫

    こういうのをロゼッタっていうのね、知らなかった~。
    光が差し込んでる様子がすごくきれい!
    お天気がよくないとこうならないだなんて、いいもの見れたんだね^^
    礼拝堂の中にお魚ってのも初めて見た。
    なかなか斬新だわね^^;
    あっ、でもちゃんとイエスに関係してることなんだ。

    美梅ちゃんの満足そうなお顔といったら!
    こんなに二人ラブラブだと、間に入っていけそうにないね・・・。

  9. ちょこぱん

    素敵な写真たくさん♪ 
    綺麗ですねえ〜 うっとりしちゃいます。
    ロゼッタと言うんですね。画像検索したらアニメばかり出て来て参った(笑)
    お魚面白い。私も嫌いじゃないなあ。
    ニコも最近、こういう美梅ちゃんみたいなお顔します。
    でもけして不機嫌じゃないんですよね。ふふふ
    とうとうガラスのテーブル買ったんですね!あああ〜いいわぁ〜〜
    美梅ちゃんのモフモフが・・たまりませんね。
    藍くんは乗ってくれないの?

  10. mogu

    美しい〜〜〜
    厳格な建物の中に色鮮やかで素敵ね〜〜
    新しい部分は宗教的な物というよりも芸術作品って感じだわ。

    美梅ちゃん、気持ち良さそう!
    ムッフーなお顔だ〜

  11. ぱんとら

    やっぱスペインよねぇ。ロゼッタはとても美しいし、
    ガウディ作のオブジェが飾られていて修復も依頼していたってだけあって、
    全体がとても有機的につくりあげられてるよね。
    なるほど、パンと魚の奇跡…. 要は「与えよ、さらば与えられん!」 ってやつね。(端折りすぎ)
    おどろおどろしく見える部分とたくさんのお魚さん含めて、私も好きだな。
    美梅ちゃんの表情!( ´▽`) これで寛いでるの〜? 恐い顔つくってるけどめちゃかわいい♡
    しかし、相方さんのお手々が心霊写真のように写り混んでるけど(笑)、
    心霊写真と騒いでるのって、みんなこんな感じで撮れるってことなんやろね。納得。( ´艸`)

  12. あんずミャミャ

    ざっと計算して
    600年もかけてようやく完成したんですね(@@)
    でも細かいところまで施された彫刻や
    見事なステンドグラスを見ると
    時間がかかっても・・・と思えるかしら(^^

    ステンドグラスの影
    神秘的ですね。

    めいちゃんも相方さんの上が
    大好きなのかしら?

    *あんずが浸かっている爪とぎ
     日本で売られている標準サイズ
     (測ってみたら47cmでした)のものですよ~(^^

  13. okapan

    すごく荘厳な教会ですねえ~!
    14世紀から作ってたとは!壁の煉瓦とかすごーく古そうで、
    でも壁の装飾とかは現代アート風で、
    何だか不思議な空間ですね。

    ロゼッタはとてもきれいです。

    キセルガイ?私も知りません。
    こっちは琉球文化だし
    キセルガイもいません。
    いるのはでっかいアフリカマイマイ
    ・・・・・
    今アフリカマイマイをウィキってみたら恐ろしい生き物みたい。
    身近にこんなやつを平気でのさばらせてたとは!

  14. ドンタコス下僕

    ロゼッタ、綺麗ね(*´艸`*)
    万華鏡を覗いてるみたい。
    こ、これは礼拝堂???
    心が安らぐってより波打っちゃう感じねw
    お魚もいるしヾ(-_-;)オイオイ
    美梅ちゃん、お腹にのってくれるのね…いいわねε- (´ー‘*) フッ
    相方さんの手がおちりにワープしてるわwww

  15. ぬこ

    わぁ~~
    ステンドグラス通して、きれいだね~。
    こういうの好き。サンキャッチャー通した光とかもきれいだよね♪

    ロゼッタっていうんだ!これも可愛い~。
    あとで、ロゼッタの画像検索してみる。

    「パンと魚の増殖の奇跡」
    面白いよね(笑)
    こういう組み合わせを思いつくとこがすごいよ。

    美梅ちゃん、かわいいね。
    相方さんもきっとご満悦だろうよ~(笑)