同じヨーロッパで

前回の記事にもコメントありがとうございました。
通りもん、ご存知の方多かったですね~。中には福岡在住なのに食べたことがないという方も!そうですよね~まつぼっくりさん。Kotoraも神戸名物で食べたことないものいっぱいあると思います。Aneさん、通りもんはあんこじゃなくてミルク餡?みたいな。濃厚な…甘さを控えたミルキー系お味?
むちこさん、海苔、試したことないから今度試してみるね。

Chelさん、ねこやなぎはドイツ語でもねこやなぎなんですよ~。ただし、逆なんですけどね。Weidenkätzchenといって、ワイデン(やなぎ)+ケッツヒェン(ねこちゃん)です。
カップ麵に反応された方々も…。Kumaさん、中身の写真も撮りましたから後日~。でもホタテは…エキスがほんのちょっと入ってるくらいかと思われますが…。カン太ママ、どうだろう?南京町で探してみて~!
うちの四文字熟語にもコメントありがとうございました。あれは以前知り合いの中国人に書いてもらったもので、全体は「与猫同楽(ピンイン:yu3-mao1-tong2-le4)」です。「猫と一緒は楽しい」という意味で、即興で創ってくれたものです。猫という字の両側に、小虎と美梅と入れてもらいました。掛け軸にできると良いんですけど…巻物がないので額に入れちゃってます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、「猫とのんびりブルガリア」の、ブルガリアにお住まいのりりさんのところで悲しい記事を読みました。
お時間がある方は↑のりりさんのところに直接行って記事を読んでみてください。
以下転記です。
【信じられないニュースが飛び込んできました。
EU加盟以来、野良犬は去勢して狂犬病の処置をすると、いう事をしていたそうですが、
ブルガリア農林水産省のトップが野良犬の殺処分再開を希望しているというニュースです。
ブルガリアは2007年EUに加盟した際に法律で野良犬、猫の殺処分を法律で禁止しました。
もちろんEUに加盟する際の必須条件としてです。
ソフィアに出向くと野良犬を見ない時はありません。未だに数は増え続けているのが現状で野良猫の
数は更に多いと推測されています。
こちらのテレビやニュースでは毎回野良犬が子供やお年寄りを噛んだ、というような偏った報道しか
されておらず、野良犬は悪だ!殺されてもしょうがない。と信じ込んでいる人も少なくはありません。
その影響か、野良犬、猫に対する虐待も多く、両足両手を切断された子犬が道に放置されると
いう事件がありました。 このニュースは国際的にも取り上げられ
遠く離れたアメリカでも署名活動と街でデモが起こるほどに。
(写真略)
前足と後ろ足4本を肉きりナイフで切断されたこの子↑(ミマ)は無事、ドイツの里親さんに引き取られ今は幸せにくらしています。この殺処分再開きっかけの発端となったのも、ソフィアのある地区で88歳の著名な教授が野良犬に襲われたといニュースが流れたのが始まりで、怒った住民たちが地区の代表に殺処分を嘆願したのが始まりです。このニュース番組ではやたらこの教授がいかに偉いかを強調しまくり、人々の感情を怒りへと仕向けていたように思います。恐ろしいことに怒った住民たちが自主的に野良犬狩りをはじめ、関係の無い犬が次々と殺されるという信じられない事態まで起こってます。
(中略)
これに阻止しようと現在署名活動が行われています。是非、署名にご協力してください!ごめんなさい。パーツの貼り付け方がわからなかったので面倒くさいですが、オンラインで直ぐに署名参加できます。署名サイト→
・・・・・(転記終わり)・・・・・
Kotoraは、なぜかりりさんのところでアップされていたYoutubeの映像を見ることができなかったので、自分でYoutubeで探してみたんです。
そうしたら信じられないような写真を次々と見てしまったのです…。

トラさんウメさんの日常
とてもとても残酷な映像。
そのやり方が異常なほど残酷で…。
りりさんも書かれているミマという4本手足を切断された犬のほかにも。
ちょっと書くのをはばかられるようなやり方で犬たちが虐待されているようなのです。
トラさんウメさんの日常
野良犬の問題はなにもブルガリアだけの問題ではありません。
ちょっと耳にするだけでも、ルーマニアやウクライナなど東欧諸国で深刻な問題になっているようです。
そういう情報は、ドイツにいればなにかしら耳に入ってくるのですが。
東欧諸国だけではなく、ドイツ人観光客が多いスペインのマジョルカ島などでも野良犬や野良猫の問題があるようで、ドイツの保護団体が現地から里親募集をしていたりします。
トラさんウメさんの日常
ブルガリアやルーマニアなど多くの東欧諸国には仕事がないため、若い労働力がどんどん西に流出しています。Kotoraの身近にもブルガリア人がたくさんいますし、他の東欧諸国の人たちも大勢います。
Kotoraが調べたところによると、そういう人たちが、国を出るときにペットを置き去りにしていくので、野良犬猫が増えたとか。
トラさんウメさんの日常
Kotoraが知っているブルガリア人はとても温厚で明るくて良い人たちばかりです。
だから余計にあの虐待の状況が信じ難く。
(全世界どこに行っても国民性というのではなく、個人個人の性格が問題になるというのは頭では分かってるんですが…。)
仕事もなく鬱屈した状況が人を虐待に走らせるのでしょうか?
トラさんウメさんの日常
ソフィア(ブルガリアの首都)だけでも、野良犬は1万頭ほどいると報道されています。
りりさんも書かれていますが、ことの発端は88歳の著名な経済学者が野良犬にかみ殺されたこと。
これによって野良犬問題の自体がさらに大きく取り上げられるようになり、ソフィアの市長が辞職まで迫られたとか。
アンケートによると、90%の市民が捨て犬をした者に罰金刑を課すことに賛成しており。
犬を飼っている人の95%もこれに賛成しているという結果が出ています。
しかしながら、3分の一の住民が、3ヶ月以内に里親が見つからなければ、犬を殺処分することに賛成してもいるようです。(ラジオブルガリアの記事(独)→
市民は早急な解決を願っているようです。
そこに来て、りりさんが書かれているように、国家のトップレベルが殺処分を言い出すことに…。
トラさんウメさんの日常
ドイツには先ほど上げた、ブルガリアやルーマニア、マジョルカ島の
野良犬や猫を救うための団体がいくつかあります。りりさんが取り上げられていた、4本足を切断されたミマという犬もドイツの団体に保護され、今は平和に暮らしているようです。
虐待を受けた他の犬や猫たちも一部はこうして保護されています。
(例えばドイツブルガリア野良犬を助ける会(独)→
しかしながら、りりさんも書かれているように、援助のお金などがきちんと地元に届いていないということも多々あるようで。東欧の一部の国での官僚の汚職問題がこんなところにも浮き出てくるのだなあと実感せざるを得ません。

トラさんウメさんの日常
20年ほど前に突然体制が変わり、それ以来どんどん貧乏で無秩序になっていく国々。
ブルガリアはまだ良いほうだと思います。ほかのバルカン諸国のように紛争もありませんでしたし。
同じ「ヨーロッパ」だけど、例えばブルガリアの国民総生産はドイツの10分の1ほどです。(2007年)
もっと東のモルドヴァにいたっては40分の一。(モルドヴァはEUには加盟していませんが。)
GNPだけが豊かさを量る基準ではないですが。
「余裕がない」、ということは、つまり捨て犬猫が出てきてしまう、国の動物保護に関する対策が追いつかない、というところに出てきてしまうのでしょうか?
でも貧しいこと、と虐待が起こる事実に相関関係はあまりないように思われます。
貧しくても動物たちと平和に暮らしている人たちはいるわけだし。
この場合、それとも住民がいかに鬱屈した日常で暮らしているか、ということと関係があるのでしょうか?
西側に出稼ぎに出なくても、もちろん国に残って仕事をし、豊かな生活を送っている方々もこうした諸国にはたくさんいらっしゃいます。
でも、そういう人たちと、ドイツなどに出てこられた人たちの狭間にいる、出られないし仕事もない一部の人々は、昔(共産時代)にノスタルジーを想うか、あるいはロマ(ジプシー)などスケープゴートを探して排他的行動に走ってしまうか、もっと小さいスケープゴート、悪い犬を虐めてみるか…。
そういうことなんでしょうか?
虐待が起こる構図が、日本のそれと全く違うように見えて実は重なっているようにも思えて…。
もちろん先進国と言われる国々でも多かれ少なかれこうした問題はあるわけですが。
豊かな国々(EU)の基準をブルガリアやルーマニアが受け入れて(加盟条件なので事実上受け入れてはいるわけですが)、すぐに国の法制度を整えることができるのだろうか?
とか。
国策の優先順位として、野良犬・猫の問題はこうした、言ってみればニンゲンの豊かさも問われている国で、どうなのだろう?
とか。
もっと他にやらなければならない問題が山積みなのではないだろうか?
とか。

今回は「たまたま」著名な人が被害にあったことで問題が国レベルまで持ち上がったようだが、それがなかったらそもそも取り上げられいたのだろうか?
とか。
それでも、ヨーロッパには狂犬病もまだあることだし、実際問題として、やはり早急に解決しないといけない問題なのだろうな。
とか。
でも1万もの犬たちを。すべての犬たちの面倒をどうやってみることができるのだろう。
とか。
いろいろ考えます。
犬初心者のKotoraではありますが、ちょっと…虐待の映像があまりにショックだったので、自分も里親になれるか?などと気軽にドイツの保護団体のサイトを見たりしてしまいましたが。
一度もヒトと暮らしたことがない犬たち、虐待を受けた犬たち。
初心者が受け入れられるような状況でもなく…。
とりあえずできることとして、りりさんが書かれていたサイトに行って署名してきました。
こちら
よろしければお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

非公開コメントの希望がありましたら、コメント中にその旨を書いていただければ非公開コメントに致します。

23 thoughts on “同じヨーロッパで

  1. Queen Sasha

    SECRET: 0
    PASS:
    私もりりさんの記事を見て怒りがこみ上げてきました。
    もちろん早速署名してきました。
    欧州は動物愛護に関しては進んでいると思っていたので
    東欧諸国でこんな現状があったとは全くしりませんでした。
    動物に罪はない。
    なぜそんなに人間が偉いのか私にはわかりません。
    世の中には悲しい人間があまりにも多くて
    時々自分が人間であることを恥ずかしくも思います・・・・。
    でもこういう国々では人々の生活レベル?が他の国に比べて豊かではないから
    きっと動物愛護にまで支援が回らないのでしょうね。
    確かに自分もケア出来ない人が動物を守ることなんて出来ませんものね。
    でも、ならばせめて罪のない動物をそっとしておいて欲しいです。
    動物に八つ当たりする人間は最低です。

  2. sae

    SECRET: 0
    PASS:
    うーん…。
    なんかね。精神的に余裕がないのでしょうね。
    日本はほんと、平和ボケだわ~。
    政府も、デモとか内乱みたいのとかにならないように、
    わざと犬とかに目を向けさせてるのかもしれませんね。
    就職難とか財政難とかどうにかならないんでしょうかね~。

  3. カン太ママ

    SECRET: 0
    PASS:
    署名してきたよー
    悲しすぎるねぇ・・
    同じ命があるものなのに、その姿形が違うだけで弱者が追いやられてしまう。
    むごすぎるよねぇ・・
    日本でも変な人が虐待したとかニュースがあったりするけど、それが殺処分を助長させる事件になるかといえばその逆だと思うし。
    ブルガリアの件は怖いよね。
    国が動いてるのが怖い。
    逆にどうやって保護するかとか、法律を厳しくするとか、そっちに向かないのが怖い。
    それだけ国民の心が貧しくなってしまってるのかなあ。

  4. REI

    SECRET: 0
    PASS:
    EUといってもスラブ系はルーツや文化が違うでしょう。
    昔はユーゴからの出稼ぎが多かったし、今でもタクシーの運転手なんかミュンヘンもウイーンも旧東欧圏からの出稼ぎみたいね。
    日本は毎年減っているとはいえ、行政に拠る殺処分は堂々と行われているし、野良犬・野良猫だけでなく飼い主が持ち込むのが相当数いる訳だから、ブルガリアと然程変らないのかも・・。
    サラエボでの酷い虐待は話題になりましたよね。 政情不安や経済問題は弱い所にでるのでしょう。  ブータンだって都市と農村の差は大きくて、この先どうなるか判らないし、周りの国々も決して豊かとはいえないけど、欧州の場合は直ぐ近くにドイツの様な豊かな大国がある訳ですものねえ。
    care2は登録してるので、時々メールが来ます。 これは記憶に無いけど、いくつかは協力してます。 実行力はどうなんだろう?
    少なくとも福島の家畜問題では何の実行力もなかったと思う。
    後でちゃんと読んで署名しておきますね。
    ただ1万匹も首都に野良犬がいるとしたら、それをどうするかですよね。
    ヨーロッパは狂犬病もあるでしょう。
    私は犬も猫も同様に好きだから喜んで署名したいけど、まずは内容を読んでみます。

  5. 元気猫

    SECRET: 0
    PASS:
    今、署名して来ました。
    残酷な事が出来るのも人間
    そして救えるのも人間だと思っています。

  6. ほんなあほな

    SECRET: 0
    PASS:
    ヨーロッパは、犬猫の保護に対して先進国のイメージがあったんですが・・・
    やはり、どの国でも、ストレスを抱え、
    心の闇に囚われてる人が多いのが、現実なんですね。
    youtubeは、怖くて見れないけど、
    署名してきました。

  7. まったり福タビ大リンの姉

    SECRET: 0
    PASS:
    東欧西欧、ひとくくりに動物先進国のヨーロッパと見ていて、こんなことがあるなんて思いもよらなかった。
    酷すぎる…
    貧しさは弱いものいじめを確かに助長するけれど、だからといってこれは酷い。
    それに貧しさとはまた違う、なんというか、ドラキュラや魔女伝説の国の国民性もあるのかな、とか、共産主義だったことがあるのかな、とか…
    でも、そんなことは理由にならないよね。
    この後、出かけるので、必ず後で署名してくるね。

  8. ぴやまま

    SECRET: 0
    PASS:
    あまりのことのちょっと言葉が出ませんでした。
    お国事情はそれぞれですが、だからって虐待は許せません。
    こういうこと、ブログをしていなければずっと知らずにいるわけで。。。
    教えて下さってありがとう。
    署名してきます。

  9. なぎ

    SECRET: 0
    PASS:
    いやぁ。。。「同じ欧州」のEU加盟国とはいえ、ブルガリアは西欧じゃないからなぁ(´・ω・`)
    金銭的に貧しい事と、虐待や野犬問題とは関係ないよね。
    社会が「清潔」とか「整備」「統制」を「正しい」とする方向に走り始めた時、それまで「そこにいた動物」が「野犬」「野良猫」という「まつろわぬもの」として発見される気がする。
    インドには、野良牛、野良犬、野良猫、野良猿なんかが沢山いるけど、おそらく日常的に衝突はあっても、行政で大量処分…みたいな事は、まだ起きてないと思う。
    でも、そういう社会が急に「欧米並みの生活水準」を目指すとなると、そうはいかない、みたいな話。
    あるいは、西欧と北米(=欧米)以外の土地が、突然人工的に「欧米並み(の生活水準)」を目指した時、土着の文化や生活感の中の欧米と違うもの、意に沿わぬモノを、慌てて「処分」して、表面的に欧米風にしようとするけれど、その文化の処分の過程で、それまで培われた倫理観とアイデンティティを喪失したり、環境の変化にストレスを溜め、心を見失う人が現れるのか。
    処分対象に、土着のまつろわぬ生き物たちも含まれるのか。
    それともマスコミが、そうした社会の需要から、ある種の「正義」を作り出し、祭上げるのか。
    中世欧州の魔女狩りや猫狩りも、当時の無理なキリスト教化の過程で起きた事だったっけ?
    昔、その辺の事、さんざ研究したけど、今アタマまわんないや(^^;
    そういえば、日本では昔、江戸の中野に8万頭の野良犬保護御殿があったよね。
    あの頃の江戸の野犬問題は、たぶん社会が安定化して、ある意味キレイになってきて、人と野犬の距離感が狂った結果の衝突のように思えるのだが、その問題を「処分」によって解決を図らなかったのは、当時の為政者が偉かったのかどうなのか(・・。)ゞ
    私は、あれは生き物とどうやって持続的に暮らして行くかを考えないまま、収集するだけの保護や愛護は道に迷う…という判り易い事例だと思ってるのだが(^^;
    綱吉没後は、おそらく超過密多頭飼い崩壊状態だっただろうし。
    ちなみに、生類憐みの令が厳格化するにつれ、捨て犬がますます増えたのよ。
    愛護法の類は、ただ表面的に、厳格化、厳罰化しても、事の解決にはならないんだわぁ orz

  10. むちこ

    SECRET: 0
    PASS:
    貧すれば鈍すって言うけども、それも個々の問題なんだろうね。
    ホームレスが野良犬や猫を虐待するって話も聞くけど、橋の下にはいつも犬や猫と一緒に生活してる人がいるし。
    いつも丸丸と太って、穏やかな子たちだし大事にされてるんだと思うわ。
    心の貧しさってなかなか埋められないのかね。

  11. めんまねえちゃん

    SECRET: 0
    PASS:
    集団ヒステリーみたいに、
    興奮状態で残酷な気持ちが広がったのかしら...
    知り合いのブログで、ギリシャのがありますが、
    とても貧しく大変な状態の国だけど、
    野良犬もうろうろしているし...
    もしも、万一食べ物もなくて犬を...って
    思うくらいに貧しいとしてすら、虐待は別ですよね。
    水は低いところに流れる...じゃないけど、
    弱い立場の動物に過剰な虐待がなだれてしまったかんじなのでしょうか。
    いずれ、映像は見るのかもしれないけれど、
    いまちょっといっぱいいっぱいなので、とりあえず署名サイト、微力ですがサインしてきました。情報ありがとう!

  12. りり

    SECRET: 0
    PASS:
    Kotoraさん転記していただき、本当に有難うございました。一人でも多くの方に現状を知っていただき、早くこの問題が解決に向かうことを願ってやみません。
    Youtubeの画像見れなかったんですね!すいません。ちょっと確認しておきますね。Kotoraさん他の画像もご確認されたんですね。私もいくつか見ましたが、あまりにも残虐で途中で停止したものもありました。
    一般のブルガリア人に関しては最後まで世話をする、という意識が無い方が多く、私の知人でも近所の猫を拾ってきたけど、振る舞いが悪かったので道に戻した。という話を聞いたこともあります。
    Kotoraさんがおっしゃるように貧しい国でも動物と共存している国があります。国の代表が弱いものをスケープゴートにして根本的な問題から逃げている、そんな感じを受け非常に残念なニュースでした。
    Kotoraさんも色々とご活動されているのですね。私も保護はまったく素人ですが、これをきっかけになにか自分でもできることを始めたいと思いました。Kotoraさん本当に有難うございました。感謝の気持ちで一杯です!

  13. Gavi

    SECRET: 0
    PASS:
    ヨーロッパは特に家畜も含めて動物保護では進んでると思ってたからびっくりだよ・・・
    でも・・・政治や経済が悪化すると人の心ってすさんでくよね・・・
    どんどん余裕がなくなって悪い心がわいてくるっていうか・・・
    今日本もそうなりつつあるような気がするよ・・・
    動物の虐待やちびっこ、お年寄り・・・弱い者に対して気持ちの余裕がなくなって・・・もっといくとイジワルする鬱屈した気持ちの捌け口になっちゃって・・・
    署名したよ。

  14. らったん★

    SECRET: 0
    PASS:
    ブルガリアね~。
    バラが有名なイメージしかなかったな~。
    こういう問題は、どこの国でもあるんだね。
    映像は、ちょっと怖くて見れないです・・・
    お話変わって、今日、ようやく荷物送りました!
    イースター終わってからと思ってたら、
    体調崩しちゃって延び延びになっちゃってww
    待っててね~♪♪♪

  15. アルペン猫

    SECRET: 0
    PASS:
    そんなことが起こってるなんて、全然知らなかった…。
    映像は…、ごめんなさい、見る勇気がなかったです。
    こういったむごい行為は、いつの時代になってもなくならないものなんだな…と改めて思っちゃった…。
    とりあえず今、署名してきました。

  16. ドンタコス下僕

    SECRET: 0
    PASS:
    貧しいと心まで貧しくなるのかな…
    ペット後進国の日本が偉そうに言えないけど、
    国がそういうスタンスだとそこで暮らしてる人の感覚も
    変な風に麻痺してしまうのかも。
    減らす努力もせずに苦しませて殺すことは、
    命を弄んでウサ晴らしをしてるようにしか見えないです。
    怒りの矛先は犬じゃないだろう?政府だろう?
    署名してきました。みんなの声が届きますように。

  17. chat-vert

    SECRET: 0
    PASS:
    人間って怖いね。脳のスイッチの入り方次第で如何様にも動くんだよね。戦争、迫害、イジメ、虐待、共通した負のパワーがあると思う。やっている時には集団ヒステリー状態だったりして、それが正しいことだと思っているんだろうね。恐ろしいことだよね。
    東欧の国々の貧しさはわかってはいたけれど、ブルガリアの首都でこんな事態になっていただなんて。。。
    でも、経済力もある先進国でありながら、当たり前のように毎日毎日、殺処分をしている日本はもっとヒドイかもしれないよね。
    パソコンから署名に行ってきます。

  18. ぬこ

    SECRET: 0
    PASS:
    Kotoraさんの文章を読んでるだけでも悲しかったの。
    Youtube見たKotoraさんは大丈夫かな~。。。
    海外のことは、こうして教えてもらわないと
    まったくわからないわけだけど・・・
    どこの国でも、問題だらけだよね。
    無力な自分も情けないけど
    トップがしっかりしてくれないとって、つい思っちゃうな。

  19. anemone

    SECRET: 0
    PASS:
    署名したー。
    悲しすぎて映像は見る勇気がなかった。
    まぁね・・・
    確かに衣食足りて礼節を知る。とか、
    貧すれば鈍する。とか、
    ないわけじゃないけどね・・・
    金銭的にというより、生活、人生そのまま、まるごとが貧しいんじゃないか・・・?
    すさんでる・・・っていうのかしら?
    なんだかもう、人間ってどうなってるんだろ?
    ショックです(T・T

  20. okapan

    SECRET: 0
    PASS:
    こういう問題はどこの国でも起こるのですね・・・
    虐待と貧困・・・私は関係あると思ってます。
    人間はある程度物質面が満たされないと
    精神が洗練されない悲しい生き物だと思っています。
    沢山の間違ったやり方をしてしまいながら
    悲しい犠牲を伴わなければ進化できない人間。。
    そのせいで犬や猫、さらに貧しい人々が犠牲になってはいけないとは思います。
    その国その国での動きは、それぞれの運命と思い、静観するしかないとは思いますが、
    ひょっとしたら何か少しでもその動きに変化をもたらすことができるかもしれないという理由で、署名をすることはいいと思います。
    こちらの島では、目に余る虐待というのは耳にしないのですが、
    生まれた子猫をビニール袋へ入れて海に捨てたりとか
    この間聞きました。
    はー・・・
    全ては個人の性格?
    いや性格というより、精神の洗練です。
    知識をつけ、精神を磨かないと・・・
    つまり人間の進化の程度の差だと思います。
    長々失礼いたしました。

  21. Chel

    SECRET: 0
    PASS:
    虐待も殺処分も可哀そうなのですが、問題はそれだけじゃなさそうですね…。
    もちろん、私も虐待も殺処分も反対です。
    都市だけで1万もいる野良犬をまずどうするか…。
    野良犬を飼い犬にするのは、本当に大変だと思います。
    飼い犬だったのに捨てられてしまった子に関してはなおさら…。
    私が答えを出せる訳でもないのですが、署名をする事で少しでも力になるのであれば…そう思います。
    少しでも、良い方向に事が進むことを祈るばかりです★

  22. mogu

    SECRET: 0
    PASS:
    ブルガリアっておおらかで穏やかな国のイメージがあるんだけどな…
    八つ当たりしてる様にしか思えないよ….
    虐待は理解出来ない。
    野良犬が人を噛む襲う、その状況を作ったのは人間なのにね。
    殺処分で解決するって考えはあまりに短絡的過ぎるわ。

  23. potojakamama(ペタ不定期デス。)

    SECRET: 0
    PASS:
    元々 犬派だったので信じられません。
    そんなむごいです。
    地球上で一番むごいのは人だと思います。
    悲しいかな 署名のページ英語?なので
    英語か何語かの区別もつかんので
    署名できんかったーー。うわぁーん ・°・(ノД`)・°・
    これ 日本語訳とかないのかな??
    ないよねー。自分のアホさ加減に嫌になりました。
    You tube 勇気がなくて見れないです。
    すみません。