ある日の藍とめがねの話

前回の記事にもコメントありがとうございました。
むちステッカーを額に入れるというのはKotoraのオリジナルアイデアではないんですよ~。むちこさんのところで他の方がそうされているのを見てまねさせてもらったのです。ほんなさんの、クリアファイルに入れる、っていうのも良いアイデアですね~。
自転車の値段についてのご意見ご感想ありがとうございました。多くのご共感を得ることができてKotoraもうれしくおもいます。高いですよね!
ですよね。皆様の愛車のお値段を伺って安心しました。2万円も出したら普通以上に良い自転車が買えますよね。平均1万円くらい出せば普段使いの自転車買えて、それで満足できますよね。なんでドイツでこんな高いのかKotoraも不思議でならないのですが、ザ・文化の違い、なのでございましょう。
アメリカも自転車高いんですね。コストコで2万円。うんうん、ドイツでもそんな感じです。Queen Sashaさん、ドイツでも、車輪だけとかサドルだけとか盗られることあります…。Sariさん、Kotoraもほんの2時間くらいの間に盗られたの。一緒ね。
ちなみにKotoraの800EUROが500EUROになっていた、盗まれた自転車は、ギアつき(6段くらいだったかな)、ペダルを後ろに回すとブレーキがかかる仕組み付き、ライトつき、泥はねつき、などなど、確かにいろいろオプション付いてました。そして頑丈っちゃあ頑丈でした。けど…。でも…。高すぎ…。
ドイツにも自転車保険ってあります。次は入ろうと思います…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前回書こうと思って長くなるからやっぱりやめためがねの話を藍の写真を添えて書こうと思います。

トラさんウメさんの日常
(クリスマス仕様の爪とぎボックスに入る藍)
ドイツでは、自転車とめがねは日本より高い、です。
他にも高いものあるかもしれませんが、Kotoraがドイツでこれまで生活してきてこの値段はないやろ、と思ったのがこのふたつです。


トラさんウメさんの日常
前回の記事で何人かの方が自分はど近眼っておっしゃってますが。
Kotoraもかなりど近眼です。
現在は普段はコンタクトレンズ、寝る前はめがね、の生活です。
コンタクトやめがねがないと、生活不可能なレベルです。
視力検査の一番上の一番大きいワッカの穴の方向は、一歩一歩近づかないと判別できません。
トラさんウメさんの日常
だから、Kotoraのめがねはものすごく良いものでなくてもよいのです。
普段はコンタクトレンズだから。
でもそのコンタクトレンズもドイツでは高いんですよ。
ちなみにKotoraのレンズはハードレンズです。
両方もう5年くらい使ってます。
最近視力の低下具合が遅くなっている(年のせい!?)ので、まだまだ使えるんでいいんですが。


トラさんウメさんの日常
(Kotoraのひざの上のコンピュータの裏にいる藍)
Kotoraが現在使用しているめがねは600EURO(1EURO=100円)くらいしました。
フレームが100EUROくらい(50EUROだったかな?)でレンズが両眼で500EUROくらい。
最低限の反射加工がなされており、許容範囲の薄さの、ガラスレンズです。
フレームは10EUROからありますが、ブランドのものは上限なしです。
それは日本でも同じですよね。
高いのはレンズなんです。
トラさんウメさんの日常
確か…日本ではKotoraの視力でも1万円前後でめがねが買えたはず…です。
皆様がおっしゃるように、今は3000円ってのがあるんですね?
コンタクトレンズも確かそれくらいで買えたはず…でした。
ちなみにコンタクトレンズは700EUROくらいかかりました。
べつに特別なメーカーのものを使っているわけではありません。
ソフトにするともうちょっと安いのかもしれませんが、Kotoraの視力ではハードのほうが良いといわれたので、ハードなんです。長時間使用するのにはそのほうが目のために良いという理由で。
コレも不思議なんですが、ドイツではハードコンタクトをしているヒト、ほとんどいません。
Kotoraが知る限り、今までハード使用の人はたった一人。彼女もど近眼でした。
トラさんウメさんの日常
数年前までは、視力がマイナス10以下のヒトは(日本の0.1以下くらいかな)ある程度視力矯正のための補助を健康保険(でカバーすることができました。
(ドイツには国民健康保険とプライベート保険がありますが、Kotoraは国民健康保険です。)
Kotoraもその制度を利用して、ドイツで初めて買ったコンタクトレンズには200EUROも払わなかったと思います。大変ありがたい制度でした。
しかし、ドイツの国民健康保険制度は破綻しかけているので、数年前に制度が変わり、そういった補助を受けられなくなってしまいました。
(失業者やもっと視力が弱いヒトにはまだ補助がでるのかもしれませんが)
まあそもそも、そういう補助があったこと自体が制度的に無理が出てくる原因だったのかなとも思いますが…。
トラさんウメさんの日常
めがねもコンタクトも、レンズが高いのです。
レンズを薄くする技術、レンズを加工する技術が高いのでしょう。
それはドイツの職人制度に起因するのかもしれません。
ドイツの職人さんは長い年月をかけて修行してマイスターになります。
その職人芸としての技術がレンズの値段を高くするのかもしれません。
でも技術レベルは日本とそんなに変わらないと思うのですよ…。制度は違うかもしれませんけど。
なんで日本ではめがねを3000円で売ることができるんでしょうか?
確かに、ドイツでも、チェーンのめがね店ではフレームとレンズ合わせて100EURO!とかいうのがあります。
でもそういうサービスはせいぜい0.5くらいまでのヒトへのものであって。
それ以上視力が弱い人用のレンズになるとそのサービスは適用されなくなるのですよ。
つまり、視力がそこまで悪くなければ、ドイツでもある程度メガネを安く買うことができるのですよ。
(コンタクトにはそういうサービスはないかも)
トラさんウメさんの日常
もう一つ気がついためがねやコンタクトレンズが高い理由。
それはドイツにはど近眼のヒトが少ないんじゃないかということ。
Kotoraのまわりのことなのであれですけど、ぐるっと見てみても、圧倒的にドイツでど近眼のヒトに会う確率は日本より低いのです。
みんな、めがねをかけていてもマイナス2とか3とか。(0.7とか?)
それってKotoraがめがねかけて出せる視力ですけど…みたいな。
めがね必要ないじゃん。それ伊達?みたいな。
ヨーロッパに来られたことがある方はお気づきかもしれませんが、こちらの照明は薄暗い!です。
よく他の日本人からも、ドイツに来てから視力がさらに低下した、と聞きますが。
ドイツ人にはこの暗い照明が心地よい。日本のコンビニみたいな白い光には目が痛くなる、というのです。
Kotoraが田舎町(引越し前に住んでた所)でメガネ屋さんをめぐったとき、よく視力の低さに驚かれました。でも日本ではまわりにコレくらいの視力のヒトたくさんいたんですけど…。(0.1以下のヒト。)
「障害者?」みたいなことも聞かれました…。
Kotoraの独断と偏見によると、ドイツにはど近眼のヒトが少ない!
ど近眼用の需要が低いから、ど近眼用のメガネやコンタクトが高くなる。のではないかと。
それから、Kotoraはレイシストではないですが、やっぱり青い目黒い目で見え方の違いがあるみたいなんですよね。色じゃなくて光の採りかたのほうで。
そういう体のつくりの違いも関係してドイツにはど近眼が少ないのかな…?
とにかくドイツではど近眼用のめがねとコンタクトがとっても高いです。
自転車とめがねはできるなら日本で買いたいです。
実際、日本人や中国人の友達はそれぞれ帰国時にめがねを作って帰ってきます。
Kotoraはあまり帰国できないのでドイツで買ってますが…。
自転車とめがねのことを思うとき、Kotoraは日独価格の違いをひしひしと感じるのでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

非公開コメントの希望がありましたら、コメント中にその旨を書いていただければ非公開コメントに致します。

15 thoughts on “ある日の藍とめがねの話

  1. らったん★

    SECRET: 0
    PASS:
    ここにもド近眼がいますよ~(≧▽≦)/
    視力検査の時に、一歩ずつ前に行くのも経験してますわ♪
    あれ、恥ずかしいよね~ww
    私も普段はコンタクトだったんだけど、
    地震でコンタクトを使ってられなくなってね~。
    (水が1週間くらい出なかったりしたからね~)
    その時から、かなりの頻度でメガネ通勤。
    今のメガネってレンズが薄いから耳も疲れないよ。
    ドイツって職人さんが作ってくれるんだ!
    日本はコンピューターがチョイチョイっと
    作ってくれるから安いんだろうねww
    ちなみに私は、メガネ屋さんから小さいフレームを
    指定されるほどのド近眼っぷりでっす♪ウフ

  2. Chel

    SECRET: 0
    PASS:
    コンタクトもメガネも高いとなると、大変ですね…。
    せめてどちらかが安いといいのに~。
    私も、ハードコンタクトとメガネ使用者です♪
    コンタクトは両目で15,000位だったかなぁ…メガネはダンナ様と一緒に作りに行って、2本で12,000円みたいな感じで買いました。
    昔はメガネに憧れていましたが、今となっては目は良い方に限るって思います(笑)

  3. alpenkatze

    SECRET: 0
    PASS:
    私が持ってる自転車もKotoraさんが持ってたようなのと似たような感じだけど、私、この、ペダルを後ろに回すとブレーキがかかる機能が嫌で、嫌で。
    これで乗り始めの頃は何度も危ない目にあったよ(汗)。
    後、腕がこっちの人に比べて短いから、ハンドルまでが遠く感じるのよねぇ。
    自転車は、私は日本のが好き。体型に合ってるし。
    私は日本では視力はほとんどずっと1.5だったから幸い眼鏡には縁がなくありがたいけど、そろそろローガン鏡が必要かも(涙)。
    そうそう、こっちの人の目って、私たちよりも暗い場所でよく見えるらしいね。
    あんな暗い電灯の下で読書とか、私は未だに嫌なのよ。こっちに来てだいぶ視力も落ちた気がする。
    うちの相方、ど近眼よ~!
    日本の視力検査の紙があるんで、それを壁に貼ってテストしたけど、相方は一番上のも見えてなかったもの^^;
    うちは一応補助が今もあるから眼鏡は定期的に買い換えてるみたい。
    日独価格の違い、こっちが安いものは…、うーん、じゃが芋とビールくらい(笑)?
    じゃが芋なんて、5キロくらい入ってても1ユーロ台で買えるしね^^;

  4. okapan

    SECRET: 0
    PASS:
    たしかに、目の色とか関係があるような気がしますね。
    欧米人の薄い目の色の人は
    日光の光が強く感じるので、
    サングラスをよくかけますよね。
    私は視力だけは良くて、(2.0)
    眼鏡無しでいましたが、
    老眼が始まってからは、2万円以下の
    眼鏡を仕事のときにしています。
    逆に、うちの子は小学生のときから近眼で
    コンタクトと眼鏡・・高いですよね。
    やっぱり目の不自由さはお金がかかるんですよね。
    それにしてもドイツは高すぎる気がします。
    やはり需要とかそんなものも関係しているんでしょうね。
    この間日本へ帰ったとき作らなかったんですか?

  5. まったり福タビ大リンの姉

    SECRET: 0
    PASS:
    姉さんも、このところ毎日、ほんと昨日より今日とはっきり違いがわかるくらい、目が悪くなってるの(T_T)
    家の中ではそう意識しないんだけど、歩きに出ると景色や住所表示とか、もう全然見えなくなってきてー!
    乱視はあったけど、悪くても1.2と0.7とかだったから、今日の皆さんの話、じっくり読ませていただきました。
    近いうちにちゃんと視力はかって・・・眼鏡作ってみようかな~。
    そういえば、昔、卒論の時に目が悪くなって就職のために慌てて一度だけコンタクトを作ったことがあるの。それがハードだった~。
    せっかく作ったのに、痛いわ、すぐに片方を排水口に流しちゃうわ、また作り直したら視力が戻って必要なくるわと散々な目に会ったの思いだした・・・(^ω^;)
    コンタクトも眼鏡も両方高いのは・・・厳しいよね(T_T)
    おまけに自転車も高いだなんて。
    どっちも姉さんの昔々デフレ前の感覚でも1万円台が上限だよ~!
    (横浜は坂が多いから結婚してから自転車は使ってない~)
    藍ちゃん、あくまでもKotoraさんの膝の上死守♪(笑)
    スチーム(?)の吊り下げベッドも奪っちゃったのね(o^艸^o)
    むちこさんのステッカー、この青い額がほんとにピッタリだわ!!
    Kotoraさんのコメの後にえるまーるさんが書いてくれてるんだけど、写真教室、携帯写真の方も!
    お願いだからカメラを買ってね、と先生がぼやくのがまたおかしかった(笑)

  6. eiko(ペタ閉鎖中)

    SECRET: 0
    PASS:
    いつもコメントありがとうございます。
    ちゃんと返事書かなくてすみません。
    今日の記事もとっても興味深かったです。
    私、ずっと視力が良くて、
    そのまま老眼を迎えてしまいました。
    まだ老眼鏡は使ってないけど。
    私のまわりの人はほとんどが近眼で、
    眼鏡もコンタクトレンズもお金がかかって大変だなぁと思っていました。
    ドイツでは更に高いんですね。
    でも性能良さそう。
    本当に、よく考えてみたら、
    私の地元の親友たちや、仲良しのご近所さん、主人…と、
    身近な人は全員眼鏡かコンタクトだわ!(@_@)ビックリ!
    日本では近眼って普通、むしろ多数派なのね。

  7. REI

    SECRET: 0
    PASS:
    そうそう、部屋の電気、慣れるまで物凄く暗いと思いました。 本とかどうやって読むんだろうと。
    確かに白人とは色々な点で違いますよね。
    山の話なんだけど、彼らは低温や低酸素に絶対的に強い。 基礎体力(人体として)が黄色人種より優れていると思います。
    長距離は燃費が関係してるから、日本人が有利なのかも。
    私も最近、本当に見えない。 今年は通勤電車から富士山が見える日が少ないなあと思っていたら、どうも私だけが見えにくかった様なの。(泣) 疲れるとマックの店内の大きなメニューが見えない。(涙)
    物価はドイツは決して安くないですよね?
    ホテル代とかは安いけど。
    自転車は私がザルツブルクで乗っていた普通の自転車の方が、日本のママチャリよりずっと乗り易かったですよ。 多分性能の差と耐久性が、日本の安いママチャリとは違うと思います。

  8. sally

    SECRET: 0
    PASS:
    はい!私も昼間はコンタクト、夜寝る前はメガネ生活です!
    なので、その値段聞いてびっくり~。
    というか、3000円のメガネ屋さんも日本あるの?
    そこにもビックリ。
    そうですよね、瞳の色って関係ありそう!
    そして、コンタクトの場合、日本人の平面顔とドイツなどの彫りの深いお顔のカーブって、違いそう。

  9. ほんなあほな

    SECRET: 0
    PASS:
    なるほどっ!
    日常、絶対に必要な物が高いのは困りますね。
    日本は、安売りチェーンの眼鏡屋さんが増えてるので、
    競争が激しく、低価格にしないといけないのかもしれませんが、
    多くのレンズの工場は、タイなど、アジア圏で作られてるから、低価格にできるのかも??
    タイの洪水の時、丁度眼鏡を作りに入ったら、
    レンズが入荷しないんで・・・って言われました。
    目の色との関係は、あるかも。
    薄い瞳の色の人には、サングラスは必需品らしいですし。
    ランさん、PC裏で何してるんwww

  10. みけにゃんママ

    SECRET: 0
    PASS:
    みけにゃんママも、昼間、コンタクトレンズ、帰宅して夜にはメガネの生活が主でしたが、コンタクトレンズもドライアイになりやすく、目にも負担があるので、この頃は、一日中、メガネでいる時が多いのですが、歩いて10分ほどの、近所の眼科で診てもらい、近所のメガネ屋さんでやはり1万円ほどで購入しました。
    目は大事なので、定期検診にいったりしています。
    やはり近視は強いほうだと思いますが、周りの友人たちもたいてい、メガネかコンタクトレンズ使用していて、これが日本では普通かも。。。。

  11. 元気猫

    SECRET: 0
    PASS:
    確かに今、めがね業界は競争が熾烈で
    凄く安い物が出ていますが、
    ちょっとフレーム替えたりすると
    やはりある程度の金額にはなるかも。
    で、その日本人・・・韓国に行って作ってますよ。
    はっきり調べた訳じやないけど
    韓国は安いらしいです。
    今、ウォン安いし!

  12. ぬこ

    SECRET: 0
    PASS:
    メガネは安いとこもあるけど、高いところもそれはそれで流行ってるみたいなんだ。
    高いのはそれなりにいいこともあるみたいよ。
    なんだか不思議だね。
    日本では明るいとこで見なさいっていうじゃん。
    その日本人が目が悪いんだもんね。
    目、そのものの色か~。
    なんか興味深いな☆

  13. chat-vert

    SECRET: 0
    PASS:
    私もpopさんも0.05とかのど近眼だったけれど、フランスの眼鏡はそこまで高くなかったよ!2~3万円で作れたもん。ドイツの方が高いんだね~!
    コンタクトは使い捨てを日本で買いだめしてたから真剣に見た事がないけれど、それもフランスの方が安かった気がするよ。
    日本の3千円は凄いよね~!宮崎にはそのチェーン店が無いんだけどね。私もレーシック手術前に、尼崎をブラブラ歩いていて偶然見付けたの。あまりの安さに即、作ったよ~(^w^)これだけ安いと、万が一の時のスペアでもいいもんね。
    なんでこんなに安いのか不思議だよね~!

  14. potojakamama

    SECRET: 0
    PASS:
    自転車だけでなくめがねやコンタクトまで高いんですかー?? 
    何たる住みにくい・・・(  ゚ ▽ ゚ ;)
    私もド近眼なうえにド乱視なんですよー。
    最近はちょびちょびと老眼も忍び寄ってます。
    なので安いレンズでは牛乳瓶の底みたいになっちゃうのです。
    確かに7~8年前までは私の眼鏡もフレーム込みで4万位かかってましたが 最近は「眼鏡市場」さんで\15750か\18400でフレーム込みで作れてます。
    しかも3カ月以内ならもし見え方に問題があったら無料でレンズの交換までしてくれるアフターサービス。私も今の眼鏡を作った時に度をきつくし過ぎたので2ランク位下げてもらった為交換してもらいましたよー。
    以前はコンタクトもしてたのですが コンタクトをするとすごーくドライアイになって何度も何度も目薬差さなきゃいけないのでずっと眼鏡に変えました。今は洗顔とお風呂と寝る 以外はずっと眼鏡っ子です。
    コンタクトも安くなりましたしねー。
    最初にコンタクトを眼科かお店で合わせてもらうとその後はネットで安く購入できたりしますしね。娘もそうやってます。
    ド乱視がなけりゃ私だって\5000とか\7000で眼鏡が作れるはずなんですが。
    オーストラリアも眼鏡が高いと聞いた事があります。日本だけが格別に安いのでは??
    とか思ったりしました。
    そうそう 日本でも今は8割程はソフトのコンタクトなんじゃあないかと思います。
    私もKotoraさん並みの視力ですがソフトで視力出せましたよ。
    昔はハードじゃなきゃダメだったのですが。
    でも目の為にはハードがいいんですよね。
    角膜に傷なんて入ってたらすぐ痛くてコンタクトできなくなるし。ソフトは多少傷が入っていてもわからないらしいので手遅れになるみたいです。

  15. まみた

    SECRET: 0
    PASS:
    アタクシもド近眼のひとですよ。
    0.01くらいしかございませんの。
    眼鏡も安く作れる時代なんだけど、私の視力に合わせて牛乳瓶の底になることを避けようとすると、
    必然的にレンズが高額になります。
    ま、コンタクトがなかったら生きていけない視力です。
    三宮にハードコンタクト両眼で8000円弱でつくれるところがあるらしいよ。
    らんちゃん、PCにはさまっちゃって( ´艸`)
    すっかりkotora家になじんでますね。