Monthly Archives: 2月 2012

美梅の社交性

前回の記事にもコメントありがとうございました。
引き続きアドバイスなどなど、ありがとうございました!
いろ~んな対処法がありますよね。しかしらったんさんの同級生のにんにくを巻いて登校っていうのは…。ねぎじゃなくてにんにくなんだ??
コーラ、やっぱり体にも悪そうですよねえ…。なんで勧めるんだろう?のどに心地よいものなら他にもあると思うけどな。あ、ちょっと誤解があったようですが、お医者さんはなにもコーラだけを3リットル飲めといっているのではなく、何でもいいから3リットル飲め、と…。コーラを3リットルも飲んだら…どうなるんでしょうね?Chat-vertさんによるとフランスでもコーラとか!えええ…なんかイメージと違うなあ。
Gaviちゃん、そうだね。こういう薬はちょっと休みを入れないといけないんだよね。そうだそうだ。以前教えてもらったんだった!
みゆみゆさん、わかった!うんうん、あそこね。了解。
Okapanさん、現在Kotoraの周りは新米ママがいっぱいなんですが…その方法は知らないかも!ドイツの炊くだけ炊飯器でもできるのかな?(ドイツのというよりやっすい中国製のなんですが…)
Tsukikimoさん、鼻うがい、できますよ~。やってます。いっぱい出てきて気持ちがいいですよね!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近…美梅(メイメイ)が社交的になってきた。

トラさんウメさんの日常
ニンゲンの髪みたいなほど良く固いさらさらヘアーの美梅。
たま~にKotoraのひざの上にも乗ってくれるようになった。
でも自ら乗ってくれたことは数回。(相方のひざにはいつも自ら行きます)
それでも大きな進歩だ!
以前はKotoraのひざに乗せるとわざわざ相方のほうにうつってましたからね…。

トラさんウメさんの日常
なんとなくあざらしを思わせる足。アザラシの尻尾みたい?
小虎(シャオフー)と比べると口数が少なかった美梅。
それだけに美梅のことが良くわかってあげられてないなあと日ごろから思っていたのだが。
美梅はまばたきでアイコンタクトができる猫。
ゆっくり瞬きをして「あなたのことがすきよ」と毎日言うようになったからか。
美梅の態度も変わってきた。

トラさんウメさんの日常
しっぽ~。
どうしても、病気がちな小虎にかまってしまいがちで美梅とちゃんと向き合っていなかったのかも…。
臆病な美梅。
ちょっと意図せず近づいたりするとうるるるる~っと言いながら逃げてしまうことも。
そんな美梅をああこの子はこういう子なんだって、あんまりかまわれるのは嫌いなんだって思い込んでいたかも。
でもほんとはちがうの。
トラさんウメさんの日常
くびもふ。
最近美梅、よくKotoraたちのそばにいます。
寝子んでいるときもふと見たら足の側ではなくてKotoraの頭側に寝ていたことも。
トラさんウメさんの日常
立派な耳の毛。
藍(ラン)のアッピールがすごいから。
自分も負けまいとしているのかな?
藍のアッピールはそれはそれは強烈ですから…。
トラさんウメさんの日常
なんちゃってリンクスティップ(耳の先の毛)。
お客が来たらすぐに逃げ隠れていたけど、最近はちょっと大胆になってきた。
といってもお客様が大人の場合に限る、だけど。
藍の社交性につられて美梅も社交的になっている?
あれ?でも小虎も社交的だったけど…。
でも小虎の社交性と藍の社交性はちょっと違う。
藍の社交性はなんというか…aufdringlichな感じ。
ずうずうしい、あくが強い、くどい、しつこい、押し付けがましい、なれなれしい…。
が直訳となりますが…。そういうネガティブな意味ではなく…。
ええっと、ぐいぐい押してくる感じ。
トラさんウメさんの日常
美梅対抗してるのかな~?
動物の本能として。
藍と一緒にいたのでは私は生き残れないかも?
という風に思っているのかも?(←考えすぎ?
実際ごはんはいつも取られかけだし…。
トラさんウメさんの日常
なんにしても美梅が甘えてくれるのはうれしい。
そして昨日、美梅が初めて自らベットに乗ってきて、Kotoraと相方の間に寝てくれました!
(拉致られていやいや寝ていることは良くあったが…)
ほんとに、この4年半で初めて!
電気消しても一緒に寝ててくれました。
(小虎は電気を消すと必ず自分のベットに行きました)
しかし…朝起きたら藍がKotoraと相方の間にいたよ…。
美梅…がんばれ!


あごのせ藍と菌撃退法

前回の記事にもコメントありがとうございました。
本当にたくさんの方からアドバイスやご意見をいただけて、ああ相談させてもらった良かった…と思いました。
ブロ友さんの間でも扁桃腺持ちの方多いですねえ…。Kotoraのまわりにはこれまでそんなたくさん扁桃腺持ちいなかったかも…。切る切らないはまさに賛否両論ですね。悩ましいところです。そういえば8年前もこの問題で悶絶したんだったわ。とりあえず、良い耳鼻咽喉科をこの都会町で探すころから始めます…。ドイツであんまり入院したくないのだけど、手術は保険でカバーされるからするとしたらドイツだなあ。でもすごくのどが痛くて苦しんでいるのに食事にチーズと黒パンとか出されたら絶対キレるわ…。
前回いただいたコメントにはお一人お一人にお返事を書かせていただいてます。よかったらご覧くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回も藍の写真で徒然と独り言。
というか、皆様にいろいろ教えていただいたので、Kotoraののどが痛いときの対処法を書こうかと思います。

トラさんウメさんの日常
あごのせ藍の写真でお届けいたします。
藍の定番スタイルです。
トラさんウメさんの日常
のどが痛いなと思ったらまずはじめにすること。
うがい。
日本から持ってきていたイソジンはもうトウになくなっているので別のもので。
海がほとんど無いからか、ヨードチンキとかヨード関係の手軽な薬をあまり見かけないドイツです。
Kotoraのうがい。(カッコ内はドイツ語名)
その1.カミツレ(Kamillen)凝縮エキス。
その2.セージ(Salbei)茶を濃く出だしたもの。
その3.塩
セージは日本でもうがい薬としてあるみたいですね。
今回はでもシンプルに塩が一番効いたような気がします。


トラさんウメさんの日常
その次にすること。
飴をなめる。
蜂蜜系が心地よい。
今回お世話になったのはプロポリス配合の飴。
それからドイツにはセージの飴があるので、これも効きます。
リコラのセージ飴があるんだけど…あれ?リコラは日本に入ってるけど商品ラインナップが違う!
日本ではかりんの飴も良いですよね。
トラさんウメさんの日常
その次にすること。
アルコール殺菌消毒…。%が高ければ高いほど良い!
いやいや。
だめです。今回は逆に痛くなりました…。
蜂蜜をなめる。
普通のでもいいですが、断然マヌカハニーが効きます。
マミィにいただいたUMF+20がまだうちにあったのでこれをいただく。
しかしあまりにもひどいと一瞬効いた!と思うが長続きはしない…。

トラさんウメさんの日常
食べ物に気を配る。
果物をたくさん取るようにする。
ただしあまりにも痛いと酸がきつすぎて食べる気が無くなる…。
今回はでもぶどうの冷たさがとても心地よくのどを通りました。
すりおろしりんごをおなべにかけて温かくし、蜂蜜と混ぜたものもおいしかったです。
トラさんウメさんの日常
ドイツでは、風邪をひくとチキンスープ。
ずっと前にブログネタとして書いたこともありますが。
最近寒かったこともあって、風邪でなくともサムゲタン風(ナツメグを入れたりもち米を入れたりしただけ)チキンスープがこのところKotoraの流行でした。
のどが痛いときはするっと食べられる各種スープが良いですよね。
間違ってもトマト味は良くないですが…。
チキンスープはとりわけ滋養が高いので、ドイツでは必ずこれです。
余談:
毎回…Kotoraが風邪を引いたときに食べたいおかゆ。
何度言っても覚えてくれない相方…。
いえ相方、料理はできるほうだと思うんですけど…。
ご飯炊いてそれをもう一度お湯で炊いてふやかしたらいいだけやん…。
なにが難しいのか疑問。


トラさんウメさんの日常
以上は予防的な効果もありますが。
はっきり言って、なってしまったらもう抗生物質のほかに撃退しようが無い!
ですが、のどの痛みを和らげるために、ドイツの医者はよく、
コーラを飲むように(血糖値をあげるため??)
とか、
アイスを食べるように(冷たくて心地よいから)
と言います。
ひたすら飲むこと。
Kotoraは毎日3リットル飲むように救急医に言われました…。無理…。
各種ハーブティー、生姜湯、コーラをローテーションで飲みましたけどね。
トラさんウメさんの日常
1月に風邪の後、ぶり返さないように毎日のうがいはもちろんのこと、ビタミンを取るために果物をたくさん食べるようにしたり、体が冷めないように根菜を多く取るようにしたり、いろいろ努力してたつもりなんですけどねえ…。
かかるときはもうしょうがないものなのかしら?
それともKotora家の食生活は偏っているのか?
トラさんウメさんの日常
免疫力を高めるためのサプリのようなものはドイツにもたくさんありまして。
KotoraはEsbelitox(独)というお薬を長期で飲んだりします。
エキナセアなどの植物エキス配合のお薬で、確かにこれを続けて飲むと免疫力がついた気がします。
アメリカにはあるみたい?ですよ。
もしくは、Umckaloabo(独)という、アフリカ産のPelargoniumーSidoides(英)という植物の根から取れるエキスでできたお薬もたまに飲みます。
でもあまり飲み続けると逆になんだか体調が変化しておかしくなる…という現象もあるので。
そもそもお薬で免疫力を高めるというのが不自然なのかなとも思ってみたり。
トラさんウメさんの日常
今回熱を下げるために相方がやってくれた方法がとても気持ちが良かったです。
それは足のふくらはぎをぬれタオルでくるんでもらうというもの。
ひやっとして熱がすーっとタオルにうつっていく感じがしました。
トラさんウメさんの日常
でも一番効いたのは、↑かも。
猫。お薬猫。
ふと見ると、美梅(メイメイ)も藍(ラン)もベットの端と端にいたりして。
のどが痛すぎてもうなにもかも嫌になっている時などに夢と希望を与えてくれたのでした。
念のため:上記の対処法はKotora個人に効く方法で、ど素人Kotoraが勝手に書いていることですので、かる~く参考にされる程度にお願いいたします。


ヤツの再来

前々回の記事にもコメントありがとうございました。
お見舞いもありがとうございます。ウニ球すごいでしょう~。にゃんずも大喜びなんですよ。
たけのこきのこ。きのこ派多し?
ブサかわさん、実際元気になれる本です。今週はそれを実感しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は「独り言」です。
写真と記事の内容は全く関係ありません。
ちなみに写真はおとなしい感じの美梅と藍の写真を集めてみました。
病気の話なのであまり楽しくないかも…。
ですが、ちょっと自分の記録としても書かせてください…。
同じ症状でお悩みの方がいらっしゃったら傾向と対策を教えていただければとも思います。

トラさんウメさんの日常
扁桃炎はかなり治りましたけど、まだのどの奥に奴ら(菌)がいる感じがします。

トラさんウメさんの日常
子供のころからほぼ毎年、多いときでは年に4,5回、Kotoraはこの扁桃炎を繰り返していました。
ネットでいろいろ調べられるようになってから知りましたが、慢性扁桃炎だったと思います。
扁桃炎ってのどの扁桃腺に菌がついて炎症がおこる病気なんですが。
それが慢性化すると慢性扁桃炎といわれるようです。
ドイツ語ではAngina(アンギーナ)とか、Mandelentzündung(アーモンドの炎症)とも呼ばれます。
のどをのぞくと、のどちんこの両側が赤くはれ、白や黄色の炎症が見て取れます。
時には40度近くの高熱も出ます。

トラさんウメさんの日常
そろそろ扁桃腺を取る手術をするべきか?
と考えていたら、2004年ごろからぴたりとならなくなったんですよ。
今日の今日まで。
トラさんウメさんの日常
不思議なことに、熱もあまり出ない体になったのです。
相変わらず風邪を良くひくことには変わりはないんですが。
大人の風邪というか熱は出ない、と。
トラさんウメさんの日常
何でいきなりそんな変化が起こったのかはなぞです。
すでにドイツに在住して年月経ってましたし。
年齢的なものか?
それとも太ったから?
なんて考えてましたが。
まあならないならそれはこんなにめでたいことはない、と。
喜んでいたのです。
トラさんウメさんの日常
なのにヤツはまた再来してきたのです。
1月に寝子んだときに、風邪の原因がたぶんストリプトコッケンだといわれました。
ふ~ん、なんか鶏みたいな名前やな。
と思っていたら。
トラさんウメさんの日常
ストリプトコッケンって日本語で連鎖球菌やん…。
連鎖球菌?ブドウ球菌?
動物のお医者さんにも出てきたな…。
えっと…院内感染とか原因になりやすい…菌だったっけ?
トラさんウメさんの日常
よくよく調べてみると。
連鎖球菌にはいーぱい種類があるらしく、その中にはヨウレン菌も含まれる。と。
ヨウレン菌…。
トラさんウメさんの日常
それを聞いてちょっといや~な予感はしたのです。
ヨウレン菌って扁桃炎の一因にもなる菌やん、て。
でもKotoraはもう扁桃炎にはならない体になったようだし、大丈夫。
って思っていたんです。
ヨウレン菌なんて子供は負けるかもしれないけど、
大人なKotoraはもう免疫力もついたようだし、大丈夫。って。
トラさんウメさんの日常
大間違い。
先週あれ?と思うことはあったんですが、日曜日から本格的にやられました。
8年ぶりの再襲撃をうけました。
8年ぶりに熱が38度を超えました。
ああ忘れていたこの痛み。
のどをカッターで切りつけられるような痛み。
初めて家までNotarzt(救急往診医)に来てもらいました。
のどはお医者がうわ~っ、て言うほどいーぱい菌がいたらしい。
トラさんウメさんの日常
今日になってやっと痛みが大分取れた感じですが。
最初は抗生物質の投与量を間違えられていたこともあり、抗生物質が効かず。
炎症剤や鎮痛剤もあまり効かず。
何が一番効いたかって東洋医学。
TCM(中医学)が専門の友達に相方が電話して映像つきスカイプでつぼを教えてもらったのです。
これがと~ってもよかったんです。
そのおかげもあってモノが食べられるようになり、5日経ってやっと快復してきたなと感じます。
普通は2,3日で快復するはずなんですけどね…。
トラさんウメさんの日常
もう菌の襲撃に耐え得る免疫力がKotoraにもできたんだわ。と喜んでいたのに…。
また再襲撃を受けるなんて。
年初めから免疫力落ちすぎ。
予防はしていたはずなのに。なぜ?
かなりショック。
今週はとても大事なことがあったのに…。
それもできなかったのがダブルショック。
ああまた慢性化したらやだなあ…。
今度こそ手術すべきなのだろうか?
でもなんかすごく後が痛い手術と聞くし…。

どなかた扁桃腺の手術された方、Kotoraのブロ友さんにいらっしゃいませんか?
是非じかに体験談をお聞きしたいんですが。
もしくは同じ症状でお悩みの方いらっしゃいませんか~?

病気中でも布団の中から皆様のブログやっぱりこっそりのぞいちゃいました。
とにかく免疫力を高めるには猫をたくさん見ないと!と思って。
効果があったと思います。ありがとうにゃんず、わんずたち!
大事なことを助けてくれた友にもこの場を借りて再度ありがとう。
今回も相方はじめ…美梅と藍の手厚い看病を受けることができました。
にゃんにゃんにゃんの日には更新できなかったけど、ほんと猫という動物がいてくれることに感謝。