Monthly Archives: 6月 2011

シャムの性格・藍の気性

前回の記事にもコメントありがとうございました。
あれからお客様があったり、Kotoraがぎっくり腰になったりして…。またお休みしてしまいました。ブロ友さんの間で腰痛の方が多いな~と思っていたら自分も…。ぎっくり腰自体は2度目かも?腰痛もここ数年治まっていたのですけどねえ…。日本から大量にシップを密輸しておいて良かった…。
ところでKotoraのお誕生日にお祝いのお言葉をありがとうございました。まきちやねえちゃんさんに指摘されるまで自分の年齢すら忘れてしまっていたという…。そう。Kotoraは永遠の17歳。17歳でもぎっくり腰とかあるんですよ。
ドイツ人のフリッシェルフト(新鮮な空気)好き、もちろん換気の目的なんですが。その回数が多いんですよ。冬は。なんだったらずっと開けっ放しとかもあります。単なる換気の域を超えているというか。日本人的には、換気もええけど、もうやめようよ。と思ってしまうんですよ。
茶道具さん、あれはね…プランターじゃなくて。とうもろこしが入っていた発泡スチロール。あはは。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は現在記事です。
前々回に仲間入りした藍(ラン)ですが。
皆様がおっしゃるように、彼はシャム猫です。
Kotora自身、シャムがほしい~!と思って、ランを迎え入れたわけではないので。ランに実際に会ってみて、一緒に暮らすことを決めた後からシャムの性格を知るにつれて、「大丈夫か…美梅(メイメイ)と合わないんじゃあ…」と少々不安になりました。

トラさんウメさんの日常
シャムの性格: anspruchsvoll 要求の多い / gesprächig よくしゃべる / verspielt よく遊ぶ / anhänglich なつこい / gesellig 社交的な / neugierig 好奇心の強い
と、大体どの本にもこう書いてあります。
なかには嫉妬深いなんて言葉も…。
トラさんウメさんの日常
実際その通りで、藍はうちに来たその日からうちのおもちゃで遊びまくり・・・。
トラさんウメさんの日常
Kotoraたちに甘えまくり…。

トラさんウメさんの日常
美梅の特等席、相方のひざの上までも独占してしまい…。

 

トラさんウメさんの日常
全く物怖じするということを知らない子猫で。
3日ほど寝室に閉じ込めていたのですが、美梅が藍に興味を持ち始めたのをきっかけに、4日目からは家中に放牧するようになりました。
藍は本当に好奇心旺盛で、家の中を遠慮無しに探索し、美梅のお気に入りの場所にもどんどん入っていこうとするので、四六時中監視が必要でしたけどね。
トラさんウメさんの日常
藍は美梅にもどんどん近寄っていきます。
美梅は遠慮のないKYな子猫にフーシャー言います。
藍はシャー言われたら逃げますが、すぐ忘れて美梅に近づきます。
すると美梅がシャー言います…。
の繰り返し。

トラさんウメさんの日常
美梅もあきらめたのか、一週間過ぎた頃からシャーフーが少なくなりました。

トラさんウメさんの日常
それにしてもシャムというのはこんなにも活発な猫なのでしょうか?
というか藍はほんとにシャム猫なのでしょうか?

トラさんウメさんの日常
日本ではあまり聞いたことがなかったのですが。ドイツでは、シャムネコ、とタイネコはどうも区別されているようで。シャムというのは体が細くてお顔も細長い耳の大きなネコ。タイネコは、シャムネコのそもそもの体形を保っているネコで、モダンなシャムネコより体やお顔が丸くて耳も小さめ、だとか。
つまり、モダンタイプ(シャム)とクラシックタイプ(タイ)、ということで分けられているようなのです。
藍も、里親募集のところにはクラシックタイプ、タイネコ、と書かれていました。
トラさんウメさんの日常
いずれにしても、タイネコもシャム同様、上記のような性格であることには変わりなく…。単に体格やお顔の形が違う、ということかなと思います。
藍もその兄弟も、純血種ではあるようですが、血統書がついている、というわけではないので…。
というか、ネコ図鑑と藍を比べるにつけ、藍はどちらかというとシャムじゃないかと…?
実際、タイなのかシャムなのか、はKotora家的にはどちらでも良いのですが。
トラさんウメさんの日常
彼がシャムだったとして、ペルシャあるいはアンゴラと合うのか、ということだけが気になるわけです。
しかし。ヒマラヤンという例もあるように、シャムとペルシャが結婚することもあるわけだから。きっと相性は合う!と信じたい…Kotoraたちです。


トラさんウメさんの日常
その後、美梅と藍の距離はどんどん縮まり。上の写真のように至近距離でも大丈夫、にはったのですが。
美梅はまだあんまり世間の荒波に揉まれた事がないお嬢さん。
これまで小虎(シャオフー)という兄に守られてきたからか。
トラさんウメさんの日常
ご飯を横取りされても何も言わない。
まあ藍が美梅をパンチしたりするとやり返してはいますが…。
いまいち美梅はgesellig(社交的)ではないというか、人(猫)との距離がうまくつかめないんだなあ…。
トラさんウメさんの日常
美梅、藍におやつを横取りされるのを呆然と見守る、の図。
美梅は藍のこと、どう思ってるんだろう…。
藍は美梅と仲良くなりたくて仕方がないみたいだけど。
トラさんウメさんの日常
美梅は藍のこと、いつか友達と思ってくれるかな~。
それとも弟かな~。
美梅、シャムは成長が早いらしいから、もうちょっとしたら藍も落ち着くかも?
それまでちょっと、がまんしてあげてね。


草を食む猫

前回の記事にもコメントありがとうございました!
美梅にお祝いのお言葉、ありがとうございました!Kotoraにも…ありがとう!実は、今日が誕生日なんです。自分でも誕生日とか年齢とか忘れそうになるんですが。ま、永遠の18歳17歳!!ですからねっ。(まきちマミィ覚えてる?)(←まきち・ねえちゃんさんありがとう~。ほらね、年忘れてる…
藍(ラン)の名前の由来については次回…!そしてさすが皆様お気づきのようでカラーまで!はい、藍はシャムです。が、模様などなどについても次回!美梅とのその後は、Kotoraたちの蝶よ花よ作戦の甲斐あって(かどうかしらんけど)…良い方向に向かっています!と信じています。詳しいことは追々。
私信:Myaumyauさんいつもコメントありがとうございます。小虎のことでもやさしいコメントをありがとうございました。前回のようなわけで新しい家族が増えました。これからも時々のぞいてくださるとうれしいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は過去記事です。
これは去年の9月頃の。
草を食べる小虎(シャオフー)を撮ったもの。
でも結局一枚しか撮れなかったので、アップはしてなかったんですよね。

トラさんウメさんの日常
小虎の背中。線一本。怒るとここだけ逆立つんです。
(その様子を書いた過去記事へのリンク→
このときもなぜかちょっと逆立っていますね。
これは怒っているわけではなく、草がうれしすぎて逆立っちゃったのでしょうかね?
script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=ebs52qg75nW:bhbW:Nm:bj:z.wYu_fdIfFWKf7/xmLcogcRNlgKJUd:Dx_H:xX:NX:XX8dKSBNR8HVMhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray
小虎はとっても草が好き。
シャクシャクシャクという草を食べる時の音を録りたかったんですが、聞こえないですね~。
カメラ回してるのに気がついて、集中できなくなっちゃったみたいです。
な~に?って。この顔!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
月は替わってこれは12月の写真。
トラさんウメさんの日常
ボケボケですが…。
ベランダの柵の白いのは雪です。雪の多い冬でした。
このときはまだ少なかったんですよね。
2月くらいまでたくさん降って、よく積もってました。
トラさんウメさんの日常
寒いのに…小虎はベランダが大好き。
ドイツ猫だから、フィリッシェ・ルフト(新鮮な空気)が好きなのかも。
夏は虫目的だけど。冬は、雪が降る様を眺めるのが好きなのかな?
(注:ドイツ人は真冬でもあ~フリッシェ・ルフト!と言いながら窓を全開したりします。ドイツ人と伴に暮らす、あるいは一緒に仕事をしている日本人で、このドイツ人の行為をはっきり言って迷惑だ!と思っている人は多いはず…。)
トラさんウメさんの日常
小虎が入っている箱(ダンボール)は小虎のために置いてあるもの。
小虎や美梅(メイメイ)のおチリが冷えてしまわないように。ベランダにおいて置いたんです。ほぼ小虎専用で、美梅が入ろうとするとちょっと怒ってましたけどね。でも二人分置くスペースはなかったから、Kotoraとしては一緒に使ってほしかったのだけど…。
しばら~くすると、Kotoraのほうが凍えてくるので…「小虎入るよ~」「小虎入って!」と言うと、ナ~と言いながらしぶしぶ入ってくれました。
思うに。小虎は5ヶ月くらいまでお外で育ったわけだし。ほんとはお外が大好きだったんじゃないかな~と思います。リード付けて散歩もしたかったんですが、うちの周りには犬が多くて、何度か犬が吼えたら首輪抜けして逃げちゃったんですよ。いくらきつくしていても。それにうちの前はクルマの通りが多かったし。外はそれでなくとも危険が多いので、心臓の弱い小虎には刺激が多すぎる、とも考えていました。獣医さんにも外には出さないほうが良いと言われてましたし。
日本と違ってドイツでは普通、特に田舎では外飼いがあたりまえ、というか外飼い推奨。里親募集でもよく、Wohung mit Freigang(自由に出入り出来る家)というのが条件になっていたりします。純血種でも出入り自由。よくメインクーンやブリティッシュの子が歩いてました。別にドイツが日本と比べて特に、猫にとって安全、というわけではないと思います。が、小虎のことでもよくドイツ人から、この子は外に出られなくてかわいそうじゃない?と言われたりしました。が、Kotoraは小虎は家の中で満足しているの。と答えていました。
フリッシェ・ルフトが吸えるベランダも好きでしたが、家の中でご~ろごろするのも好きだったので、家の中でも満足してくれていた、と。思います。


小虎(シャオフー)は虹の橋のたもとに住んでいる猫で、Kotora家の守護天使でもある猫です。

藍(Lan:ラン)です。どうぞよろしく。

前回の記事にもコメントありがとうございました。
小虎(シャオフー)は気球を見て何を思っていたのでしょうね。何か飛んでる!というのは確実に認識していたようです。その時期になるといっぱい飛んでましたしね~。中にはええ!っていうほど近くに来る気球も…。高所恐怖症でなかったら、一度小虎と一緒に乗ってみたかったな。猫だから、小虎は高所恐怖症ではないだろう…と思うし。
ちなみに小虎と一緒に寝ているのはKotoraです。はい。相方がプチ単身赴任の時は夜中…はどうかわからないけど、Kotoraが寝付くまで一緒に寝てくれたなあ…。ソファーベットなんかじゃなくて、キングサイズのでかいベットだったら川の字で寝れていたのかも知れない…な。
あの…前回の奇妙なおかしは…相方作…あれKotoraだったかな~。とにかく買ったものじゃないです。まさに、あんまんみたいなもの(ダンプフヌーデル)を作ろうとして失敗したのです~。
ぬこさん、一番下の写真。あれ、怖い?…かもね。ちょっと。(ごめん美梅!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  今回の記事、ちょっと長いです~。ごめんなさい。
突然ですが、Kotora家に新しい家族が増えました。
藍(Lan:ラン)という3月18日に生まれた3ヶ月の男の子です。
先週の木曜日に家に来ました。

トラさんウメさんの日常
(5にゃん兄弟で1にゃんはすでによそのお家に行った後でした。真ん中の白い子達が男子。右側が藍です。上下黒いポイントの子たちは女子です。)
小虎が旅立った後、新しくまた猫を迎えるかどうかについては、まだずっと先のことだと考えていました。
何人かの友人知り合いにも、「また新しい猫を飼うの?」と聞かれましたが、「今はまだ考えていない。」と答えていました。
この質問にいささか辟易したのも事実です。
4月に美梅を連れて行った病院の先生にも、「美梅ちゃんのためにももう一匹いたほうがいいよ」と言われましたが、「まだ気持ちの整理がついていないので」と答えていました。
トラさんウメさんの日常
(藍はKotoraが手を差し伸べると
こんにちは、とでも言うように右手を差し出してきました。)

でも5月半ばごろ。引越しも落ち着いて、自分の気持ちを少々もてあましていた頃。
ブロ友さんが自分の経験から、先代さんが亡くなってから新しい子を迎えて、どれほどその子に支えられたかわからない。ということをメールで教えてくれました。
そうかなあ…と思いました。
このままだとどんどん沈んでしまいそうだし。
前向きに、考えてみようかな、と思って。
時期も時期だし(子猫がたくさん生まれる時期ということ)ネットで近郊の、里親募集のサイトを見てみました。
トラさんウメさんの日常
(挨拶がすんだらむっくり起き上がって歩き回りだしました。)
と、写真に写ってる笑顔がとても素敵な子猫がいました。
とてもその子猫が気になりました。
相方と相談して、見に行くことになりました。
見に行ってから、相方ともう一度よく相談して、先週の月曜日、ブリーダーさんに電話して確認しました。
そして先週の木曜日に彼が来ることになりました。
トラさんウメさんの日常
(これはお母さんです。ちょっとこの日は暑かったし、育児にお疲れ気味でした。)

自分でもびっくりするくらいに急ピッチに話が進んだのですが。
彼がもう3ヶ月齢だったこともあって、見に行ってから迎え入れるまでの時間が短かったのですよね。
トラさんウメさんの日常
(これは叔父さんです。お母さんの兄弟です。お父さんは別のお家の方です。)

実はKotora、もうすぐ一つ年を取らなければなりません。
プレゼント、と書くとあれですが。
相方がKotoraの誕生日に、ということも考えてくれたようです。
かくいう相方のほうが、実は小虎が旅立ったことによる「ロス」が深かったりしたので、迎え入れることに関しては積極的でした。
トラさんウメさんの日常
(実家から家に来る車の中では美梅のとき以上に泣き叫んでいました…)

理由はともかく。
喜びが増えた。
小虎がくれた喜びと、美梅がくれた喜びと、三つ目の喜び。
藍もきっとたくさん幸せな気持ちをくれると思う。
Kotoraたちもできるだけ藍を幸せにしないとね。
Kotora家へようこそ、藍。
この先20年、いや30年?どうぞよろしく!
・・・・・・・・・・以下この4日間の藍日記。・・・・・・・・・・

トラさんウメさんの日常
ミルクはあまり好きじゃなさそう。続けてあげるつもりはないので、よかった…。
カリカリもウェットも両方食べてくれる。よかった…。
水もごくごく飲んでくれる。よかった…。
でもキミも猫だから、ごはん、難しいんでしょうね~。
と思ったら、高級猫缶Almo Nature(イタリアのナチュラルフード)がおきに召さない、と。
よかった…。高いし!でも食べてほしいな~。
トラさんウメさんの日常
ものすごい活発で好奇心旺盛。
子猫って…こんなに動くものだったっけ!?
起きている時はすこしもじっとしていない。
トラさんウメさんの日常
あらゆるおもちゃに興味を示す。
遊ぶの大好きみたい。
トラさんウメさんの日常
寝る時は寝る。
すぅ~っと寝に入っちゃいます。
今のところ、夜はKotoraの枕元に丸くなってくれます。
初の添い寝子なるか?
トラさんウメさんの日常
ソファーの下に美梅がいます。
はい。美梅の法則。
最低でも3日は家に来た猫と仲良くならない。(例:小鷹ちゃんたち)
でも今日、初めて鼻挨拶ができました。やったあとすぐにシャーいうてたけど。(美梅が)
美梅を迎え入れた時の注意点を今回も守ってみたけれど…。
今回の先住さんはむずかしいわ・・・。
この4日間、もう蝶よ花よプリンセスよ、と美梅を立てて立てて…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そのプリンツェッスィン(プリンセス)
美梅、昨日(6日)、3歳になりました!!!

トラさんウメさんの日常


3歳になっても童心忘れず。
いつまでも好奇心旺盛なのは良いことです。
上機嫌の美梅。

トラさんウメさんの日常
こんな高いところに登らんでも…。
トラさんウメさんの日常
頂上を目指す…。でも無理やで。
トラさんウメさんの日常
美梅、今年に入ってからいろいろあったけど。
よくがんばったね。
美梅、藍とお友達になってくれるといいなあ~。
小虎お兄ちゃんのようにはいかないかもしれないけど。
美梅も藍の存在を喜び、と受け止めてくれると良いなあ。
でも、美梅がKotora家唯一のプリンセスだからね。
お誕生日おめでとう美梅。
後軽く20年は伴に生活してくれるよね?