Daily Archives: 2010年8月20日

青春真っ只中…でもなかろうに… +α

前回の記事にもコメントありがとうございました!
クリップすごいでしょう~。これが効けばねえ…。あ、あの誤解を招くような書き方をしたかもしれませんが、男の子には効かないというわけではないですよ~!小虎には効かないかもしれない、というだけです。実際、猫やしきさんところのJJちゃんやビクさん元気猫さんところの元気君、優輝君には効いてますし!Clipnosisのクリップは現在アメリカでしか買えないようですが、猫やしきさんとこでも元気猫さんとこでも大き目の洗濯バサミで実践してらっしゃいますから、洗濯バサミでもOkみたいですよ!
それから、書き忘れたんですが、みこちゃんところのとーさんによると首の付け根にぐんにゃりなるポイントがあるそうです。皆様そのポイントをよく探してみましょうね!(それぞれリンクあります!)
チー様や小梅ちゃん、ぶっちんやある君もどうですか~!皆様試したら結果教えてくださいね~!
ちなみに、何人かの方にご質問いただいた美梅。美梅では試してません。というのも…美梅は何もしなくもすぐつかまるしたいてい何でもさせてくれるので…。
ブタネコブタネコブタネコブタネコブタネコ
さて、前回記事に書いた小虎(シャオフー)が病院に行った件ですが…。
理由はこうです。

トラさんウメさんの日常


朝起きて小虎を見ると、Kotoraは小虎の唇がはれていることに気がついたのです。
歯茎がはれているのか!とおののいたものの、歯茎が腫れているわけではなさそう。(小虎には歯の問題もあります)
思い出したのは、2,3ヶ月前に陽陽ちゃん(美梅の妹)の唇が同じく腫れていたということ。
診断はアクネ(猫のにきび)でした。

トラさんウメさんの日常


Kotoraもアクネ体質なので経験がありますが。
アクネ菌が入ると、つまりにきびができると、小さい赤いスポッツが出来、真ん中に黄色い膿のようなものが見えるのですが。膿のような芯はだいたい押し出すことが出来ます。
しかし、膿が中にたまってしまって外に出てこない場合もあり、その場合は周辺が赤くはれ上がったようになります。
小虎はもともとあごの下とか耳の裏とか(なんだったら体にも)アクネがでやすく、これまでに何度かそれで病院にかかったことがあります。
今回はアクネが外に出てこずに、中に溜まってしまったものだろうな、と予想をつけて。でもあまりに腫れているからすぐ病院に行くことにしました。

トラさんウメさんの日常

                  Kotoraの超お気に入りショット。
で、いつもの病院に電話すると11時にはすでに昼休みに入ってしまっていてつながらない…。
ううう~ん、これを機にまた新しい病院(若い女医さんがいる)に行ってみるか!と思って電話すると、つながった。そこですぐさま午後一で予約を取って病院へ!(いつもの病院だと午後は4時にしかあかない)

トラさんウメさんの日常


女医さんの診断はやっぱりアクネ。しかし治療法が違った!
いつもの病院の治療法: 押しつぶせるようならアクネの芯(黒い)を押し出して消毒する。そして抗生物質の注射をする。
新しい病院の治療法: 今回は押しつぶせるアクネではなかったから押し出さなかった。抗生物質の注射はしなかった!なぜなら、「抗生物質を何度も注射していると、注射してから次のアクネが出来るまでの期間がどんどん短くなります」(女医さん談)とのこと。つまり、抗生物質が効かなくなってくるんですね。
実はKotoraもにきび治療のために大量の抗生物質を飲んだり注射されていた時期があり…、漠然と、これは体に非常に良くないに違いない、と思っていたら、実際その後抗生物質の副作用と思われるひどい病気にかかったことがある。
(一過性のものだったのでご心配なく)
いつもの病院でも、アクネに抗生剤…なんだかなあ…と思っていたけど、「猫の場合は化膿してしまうことも多いから、早めに抗生物質を打ったほうが良い」(いつもの獣医師H氏談)という説明に納得して抗生剤を打ってもらっていたんですよね。

トラさんウメさんの日常


左側はいつもの病院で買って家に常備してある、あごの下洗浄液。ホントはオーラル(口内)用なんですが、アクネの予防にもなるというので、Kotoraたちは2,3日に一回これをしみこませたコットンで小虎のあごの下をぬぐっています。
新しい病院でもこのHexarinseを続けて使用するように言われ、さらに右側の塗り薬ももらいました。これはコルチゾンが入った塗り薬で、患部に面貌などで直接塗るように言われました。
それから、Kotoraたちはまず左側のHexarinseで小虎のあごをぬぐい、それから右側の塗り薬を患部に塗っていると…。5日後にすっかり治りました!とさ。
以下はアクネがひどかったときの写真です。

トラさんウメさんの日常


これは普通のアクネです。つまりスポッツができて中に芯が見えるほうのアクネ。
特にあごの下は、舌でなめてきれいにすることが出来ないから、アクネが出来てしまうネコちゃんが多いそうです。スタッドテイルのネコちゃんがアクネにもなる(逆も然り)ということを聞きますが、幸い小虎はスタットテイルではありません。美梅にはできたことがないのに、どうして小虎にだけ…と思いますが、Kotoraもそうですもんね。相方にはできなくて、Kotoraにはできる。しかも青春真っ只中って年では全くないのに…。

トラさんウメさんの日常

 
わかりづらいですが、こちらが腫れてきたほうのアクネです。…わかんないですね…。
唇の一部がたらこのようになっていたんですよ…。
で、新しい病院のほうの若い女医さん。前回のストルバイト問題のときから2回目の訪問で、今回は別の若い女医さんがいたんですが。感じよかった…。
(Kotoraの獣医さん悶絶記を読みたい方はこちらへ→
まず小虎の扱いがやっぱりいいつもの病院とちがうんですね。むりやりケージから出したりしないんです。やさしく話しかけてくれるんです。
しかしそれにもかかわらず、小虎はかたくなな態度を取り続けたため、最終的にはケージ(布キャリー)を逆さにするという荒療治に出なければいけなかったんですけどね…。そして、女医さんにもシャーフーの小虎だったんですけどね…。結局Kotoraが小虎を押さえつけて見てもらったんですが…。
説明も分かりやすいし、(あんまり)せかせかしてないし、年が近いせいもあるのかめちゃ親近感が持てる先生。
むむむ…。
おもわず小鷹ちゃんママにも今までの病院から転院したほうが良いよ、と勧めてしまうKotoraでしたが。(今までの病院はKotora自身が小鷹ちゃんママに勧めたくせに!)
どうしようか…。
心臓も一度こちらで診てもらうか…。
とりあえず、今度なんかあったら新しい病院のほうに行って見るか…と思っているKotoraでした。
わんわんわんわんわんわんわんわんわんわん
ねえちゃんさんの「多頭飼育の猫ちゃんたち」のところで読みました。(記事リンク→
ねえちゃんさんのところでは、定期的に里親募集の記事もアップされています。
できれば是非過去記事もあわせてお読みください!
以下転記させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


里親募集、予告も含め。/奈良、路上に小型犬21匹捨て去り事件8/11。
11日午前10時ごろ、奈良県吉野町千股の県道で「犬20匹くらいが捨てられている」と通行人から吉野町役場に連絡があった。
県警吉野署員も現場に駆けつけたところ、路上にミニチュアダックスフントやチワワ、パピヨンなど小型の成犬21匹(オス2匹、メス19匹)が首輪のない状態で捨てられていた。 
同署は動物愛護法違反(愛護動物の遺棄)容疑で捜査を開始。捨てられた犬の中には、皮膚病や妊娠の可能性がある犬が数匹いるといい、桜井保健所動物愛護センター(同県宇陀市)で保護されている。