Daily Archives: 2010年8月18日

ドイツプチオフ会④: ロシアビちゃん +α お知らせ

前回の記事にもコメントありがとうございました。
Kotoraの風邪にお気遣いありがとうございました。ほんと急に寒くなりましたからね…。でも週末はまた温かくなるそうな…。この温度差がねえ。
モフモフさんたち、ご堪能いただけましたでしょうか?Kotoraの写真があほあほでごめんなさい。皆様もおっしゃるように、Kotoraもいろんなネコさんが見れてもう熱に浮かれたようでしたよ。おまけにオフ会でしたからね~。テンションあがりました!
猫やしきさん、確かに天井からわざわざハンモックつるせるようにしても、使ってくれなかったら超悲しいですよね…。Kotoraもやめときますわ。Potojakamamaさん、そうなんですか!ネコさんはちゃんと飼い主さんがお世話されてますけどねえ…。ANKOさん、ノルさんもでかいですよ…。REIさん、小虎のお母さんはメインさんのようでしたよ…。Chelさん、ショーによっては雑種部門ってのもあるんですよ~。Saeさん、茶道具さんによると載ってたそうです。あの本、バイブルでしたよね~。茶道具さん、ご指摘ありがとう~。ええ、相方が家でやってました。でも美梅だけね。ここあ。さん、う~んと…なんか分厚い…クッションカバーとかに使えそうな素材でしたよ。まみたさん、そのうちぜひ!薄皮饅頭さん、ですよね。「ねこ」には載ってなかったすよね。はい、それKotoraも思いました!じゃがいも?て。Alpenさん、もし見つけたらお互い報告しあいましょうね。
お月様お月様お月様お月様お月様
さて、オフ会報告も今日が最終回。
ちょっとお写真多くなりますが、好評(?)につき今日もビッグサイズの写真で…。

トラさんウメさんの日常


これはマミィさんのお友達のフランチェスコさんの、同じくイタリアからやってきたロシちゃん。ディディさん…かAKさん…。お父さんは日本からやってきたそうですよ~。か~わいいの!優秀な子達だそうです。

トラさんウメさんの日常


同じく。この子達も元気でちっともマミィさんの腕の中でじっとしていませんでした。

トラさんウメさんの日常


びちびちびち~。お魚状態。ロシさんってお顔が笑っている…。はあ~ロシさんにもあこがれたなあ~。

トラさんウメさんの日常


こちらもフランチェスコさんのブギくんというアビさん。このブギくんがケージの中でどちらかのアビさんに乗っかってたんですよね…。で、Kotoraはアビさんとロシさんのミックスさんってどんなになるんだろうか、と。きっといますよねえ…。アビとロシのマーブル模様の子猫さんが出てきたりして…。見てみたいなあ。

トラさんウメさんの日常


残念ながら、フランチェスコさんのロシさんはベストではなかったそうですが。う~ん、どの子も甲乙つけがたし…。マミィさんがロシさんの目の色のこととか説明してくれました。Kotoraから見たらフランチェスコさんのロシさんたちも完璧だけどなあ…。

トラさんウメさんの日常


審査されるフランチェスコさんのロシちゃんと、下は審査後に評価を受けるロシ飼い主さんたち。審査員の方がこの子は尻尾の形がいいとか細かく評価していきます。
フランチェスコさんはドイツ語を話されるんですが、審査員も国際的で、イタリアとか北欧とかいろんなところから来てました。だからこのときの評価も英語でした。
ちなみにオフ会自体は日本語、ドイツ語、英語、イタリア語が飛び交うもので…。マミィさんのイタリア語に感心しつつ、さらに英語も流暢なマミィさんの影で、今回英語がまったく出てこなくてちょっと落ち込むKotora…。似た言語だと混ざったり、すぐに頭が切り替わらなかったり、挙句の果てにはぼけぼけでまったく出てこなかったり、なKotoraなのに。マミィさんったらどうしてそんなに両方完璧にできるの~?おかげでKotora、とうちゃんとあんまり話せず…ううう~。(涙)次回は必ずリベンジ!やっぱどこの国のヒトともある程度お話しようと思ったら英語すね~。いやだけど、英語は世界の共通語…。はあ~。

トラさんウメさんの日常


ソマリさんもいましたよ。茶道具さん憧れのシルバーソマリさんはいませんでした。っていうかKotora生ではまだ見たことないですよ。

トラさんウメさんの日常


ショーの後はKotora夫婦+Alpenさん夫婦+マミィさんでショーがあったAmbergの町へ。こじんまりとしていてかわいい町でした。ぜ~んぜん知らない町でしたけど、けっこう見所もありそうなところでした。
(ああデカ写真にするとなんだか間延びするなあ…というよりあほあほ写真だからか…)

トラさんウメさんの日常


Kotoraが見つけたネコの看板。何かネコ関連のお店がある!とおもって見に行くと、ペット用品店がありました。ショーウィンドーに、Kotoraもマミィさんも持っている便器型給水器が飾ってあってなんだかうれしかったのでした。

トラさんウメさんの日常


張子のライオン。ライオンはバイエルン州のシンボルです。ドイツではその町や州のシンボルをこうして張子にし、町のいたるところに飾るのが流行っているようです。たとえばベルリンは熊とか。そしてその張子の動物に、お店のマークなどを描いて店の前に置いておいたりするのです。結構かわいいです。このライオンはバイエルンミュンヘン(サッカーチーム)のユニフォームを着ています。

トラさんウメさんの日常


楽しいオフ会は、Ambergの町のカフェでお開きとなりました。まだまだお話したいこととかいっぱいあったのだけど、Kotoraには小虎と美梅が、Alpenさんには甘えん坊太郎ちゃんがいる身。うちに帰らなくてはいけません。
カフェには後から、猫達をホテルに残してきたマミィさんのとうちゃんとフランチェスコさんもやってきたのですが、後ろ髪を思いっきり引かれつつ最後のお別れをしてKotoraたちとAlpenさんたちは帰路に着いたのでした。やっぱKotoraたちも一泊旅行にすればよかった…と後悔。
写真の丸いものはKotoraがアウトバーンのサービスエリアで見つけたこの地方のお菓子。ロマンチック街道を旅行されたことがある方ならご存知かも。Schneekugel(シュネークーゲル:雪球)というおかし。

トラさんウメさんの日常


前日に、用事が長引いて買い物に行けず、プチプチみやげしかもって行かなかったKotora…。なのに…。マミィさんたらこんなに…。

トラさんウメさんの日常


これはKotoraに?…じゃなくてネコにでした。ざんね~ん。Alpenさん、これニンゲン用って思いましたよねえ~。

トラさんウメさんの日常


これはヒト用。ペストにローマ一うまいパスタ。真空パックのものは干しトマト。もちろん…もったいない病のKotoraはまだいただいておりません。…あしからず…。

トラさんウメさんの日常


ローマのクッキーにコーヒー蜂蜜、それからシェイクして凍らすジェラート。こちらは食べちゃいました~。クッキーはKotoraが大好きなさくさく系。アーモンドがたっぷり入ってうまうまうま!ジャラートはレモンのだけいただいたけど、クリーミーで劇ウマ。どういう仕組みになってるんだろ~?

トラさんウメさんの日常


トルコのお守り。さすがターキッシュヴァンの飼い主さん。青がきれいね~。
マミィさんったらいっぱいまた…ありがとうございました~!!!

トラさんウメさんの日常


そして、Alpenさんも…お土産を持ってきてくださったし…。ああ申し訳ない~。

トラさんウメさんの日常


北ドイツのクッキーにプラリネ。プラリネ劇ウマ。相方と争って食べました。生姜の砂糖漬けをチョココーティングした下のお菓子もうまうま!ちょ~ど風邪引いてたときに食べたので、のどに心地よかった~。
Alpenさんありがとうございました~!!!
こうしてKotoraの第2回オフ会はあっという間に過ぎてしまったのでした。
う~んなんだかいっぱい書けてない事が…。
マミィさんのところ→
Alpenさんのところ→
も一緒に見てくださいね~。
ブログを通じた交流、最初は「顔が見えない」ことにどきどきで不安なこともあったけど、文字を通してでも交流を重ねるうちに「顔」が見えてくる。だから「会う」のは初めてでも話が自然に弾む。新しい出会いの形として、これからも大事にしていきたいなあと思いました。
三日月半月やや欠け月新月満月
お知らせです。
(たまに、こうして皆様にお伝えしたことを+αとして書きますが。更新が定期的ではないため、なかなかすべてのブロ友さんのところの大事なお知らせ記事を転記させていただくことが出来ません。急を要すると思われる里親募集や迷子、出来事などは
出来るだけ網羅していきたいと思っておりますのでご容赦ください。)
Chat-vertさんのところで鎌倉の大規模動物実験施設に関する記事を読みました。
動物実験に関して、個人的に嫌悪感を持つ一方で、友人にラットを使った実験を行っている人もいて。正直複雑な気持ちです。どのような実験がなされているのか、どの動物をどのように、それはほんとうに必要であったのかどうか、きちんと報告がなされるべきだと思います。以前、ドイツの大学のそのような統計を見たことがありますが。日本でもちゃんと報告されているのでしょうか?
どうしても実験しなければならない場合、その動物たちへの扱いはどうなっているのでしょうか。倫理についても考えられているのでしょうか。
以下転記させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、ここからは転載です。お盆休み明け早々に重い内容で申し訳ないのですが是非とも皆さんにも知って頂きたいのです。いつもお邪魔している優慶さんのところで初めて知ったのですが、現在、鎌倉に東洋一の動物実験施設が建設されているそうです。
詳しい内容と建設中止と見直しを求める署名については優慶さんのこちらの記事をご覧下さい→
武田薬品が建設しているこの東洋一大きな動物実験施設。実験の済んだ動物たちの処理などの安全面と環境面を巡って鎌倉や藤沢の住民と対立しているようです。
新研究所ではP3実験室を設け、動物実験を柱に据えて新薬開発を行う研究員1200人と補助員800人を擁する巨大研究所。
最先端のバイオ実験を行う施設になるのにも関わらず、不十分な情報公開で住民が納得しないまま強引に建設が進められています。
また、15棟のうち7棟が動物実験棟です。
この動物実験施設で1日に亡くなる動物はなんと1.8トンの予定だそうです!これはマウスならば4万匹、カニクイ猿ならば120匹に当たる量だとか!実験に使われる動物はマウス、ラット、犬や猿も使われるそうです。新薬を作るのに動物実験はどうしても必要なのでしょうか?もしも必要だとして、こんなにも巨大な施設でなく出来る限り犠牲の小規模な実験にすべきではないでしょうか?毎日毎日膨大な数の動物を殺さなくては人間の命は救えないのでしょうか?
鎌倉はとても好きな街ですが、こんな不気味な恐ろしい施設が建設されたと知って、そのイメージは歪められてしまいました。だいたい何故こんなに巨大な実験施設が地元で問題になっていると言うのに、全国ニュースで全く取り上げられないのでしょう?
将来的には炭疽菌やHIVと言った危険性の高いウイルス実験も行うかもしれないとのこと。焼却処理される大量の実験済み動物から、周辺には相当数のウイルスが排出される恐れがあるそうです。公共下水道から海へと流れ出る遺伝子組み換え実験に利用した排水の安全性にも住民は不安を抱いています。こう言うことは万が一の一が起こってしまったら取り返しのつかない大惨事になるのに、企業秘密と言うことで扱うウイルスや動物の種類や数も明らかにされないそうです。
以前にも書いたと思いますが、私は動物実験には反対です。資生堂化粧品では、鳴き叫ばない利点のあるウサギを実験に使っています。
製薬会社については詳しく知らないのですが、化粧品会社での動物実験はヨーロッパでは禁止されています。動物の命を奪ってまで実験しなくてはならないような化粧品って一体何を入れてるの?怖いです。
資生堂製品を私は一切買いません。静かな不買運動による抗議です。毛皮推奨の芸能人やお店も絶対に支持しません。“これはハラコですのよ。”とかのたまわっている方、ハラコは腹子と書くのです!
自分のお腹の中にいる子供を毛皮にして珍重されると言う悪趣味を披露しているのですよ!と言いたくなります。恐ろし過ぎる毛皮工場の実態と毛皮反対を書いた記事はこちら→
製薬会社や化粧品工場の近くや都市部などで猫狩りがあると専らの噂です。人目が少ない夜間に行われる事が多いらしいです。捕まった猫は実験動物にされるのです。時には毛皮にも利用されるとか。
野良猫は栄養状態が悪くて既に何らかの病気を持っていたり、毛皮にするにもケガの傷痕があったり痩せていて毛並みが悪かったりする為、放し飼いの猫が標的にされやすいそうです。健康状態も毛並み良く、人間にも慣れているので扱いやすく、捕獲も野良猫より容易なのだから当然ですね。虐待や交通事故や病気の危険性もある放し飼いは絶対にやめるべきだと思います。それこそ、今までずっと大丈夫だったとしても、ある日ことが起こってしまってからでは遅すぎるのですから。地域猫さんや野良猫さんも安心して暮らせる平和な社会になるといいんですけどね!
現実には人間が、弱い猫さんの危機管理をして守ってあげるより他に術がありません。ヒエラルキーの頂点にいる人間の責任です。
動物実験、やめられないのでしょうか?多くの方に知って考えて頂きたいので、転載宜しくお願いします。また、この件に関して私は知識が薄いので情報やご意見もお待ちしています。