Daily Archives: 2008年10月23日

忠にゃんシャオフー

ドイツには大変残酷な童話があります。ハインリッヒ・ホフマンという人の「もじゃもじゃペーター(Der Struwwelpeter)」のなかに収録されている「マッチによる悲惨な話(Die gar traurige Geschichte mit dem Feuerzeug)」もその一つといえるでしょう。

一人でお留守番していたパウリンちゃんは机の上においてあったマッチを見つけて火をつけます。お母さんが何度もやっていたのだから、自分もできるはず、と。それをネコのミンツとマオンツが一生懸命とめます。2匹のネコが両手をあげて、「お母さんがだめだと言っていたじゃない、ミアオ、ミオウ、ミアオ、ミオウ」と止めようとします。

それでもパウリンちゃんはマッチで遊ぶのをやめません。どうなるかというと、マッチの火がパウリンちゃんの服に燃え移り、おうちにも燃え移り、パウリンちゃんとおうちともどもになってしまいます。その灰を囲んでネコたちが、「ミアオ、ミオウ、ミアオ、ミオウ」と嘆き悲しみます。
…子供のときに読んだら絶対マッチなんかにさわれなくなります。トラウマになります。怖いお話です…。
でもこの絵のなかのネコたち、しっぽに黒いリボンが付いていて、ハンカチで目頭を押さえながら涙を滝のように流しているの、なんだかユーモラスです。
さて本題。
今日kotoraは晩御飯のために煮込み料理をしておりました。煮込みながら、別の作業をしていて、それに大変熱中しておりました。
ふと気が付くと、小虎(シャオフー)がやけに大きな声で何か訴えます。「はいはい、さっきご飯あげたでしょ~」とかいいながらkotoraは作業を続けました。小虎はさらに訴えます。いつもなら、甘えたいときは机の上に来て作業妨害をするのに、すこしはなれたところから呼びかけるのでおかしいなあ。と思いました。
と、台所のほうからジュージューという音が聞こえます。
…鍋、1時間以上つけっぱなしにしてました。水分の少ない料理だったから気をつけなければいけなかったのに!
はい。小虎(シャオフー)はミンツとマオンツのように、kotoraに危機を知らせてくれていたのでした。

たのもしいです。小虎。ありがとう!
これは今日がはじめてではありません。過去2,3回こういうことがありました。
…全部kotoraが悪いのですが…。
小虎はほんとにしっかりしたネコだなあって思います。(親ばか)

どう御礼をしたら一番喜ぶかわからないので、抱きしめて、なでて、ご馳走をあげました
今うちにある一番のご馳走が、このちょっとだけ高級(いつもより20セントほど(;^_^A)子牛のホワイトソースというご飯でした。でも喜んで食べてくれました。
週末にはササミ買ってあげよう。
パウリンちゃんのようにならないよう、火元には…気をつけましょう…。