Daily Archives: 2008年10月22日

ネコの木

ドイツ語でネコタワーのことを、Katzenbaum(カッツェンバウム)あるいはKratzbaum(クラッツェンバウム)といいます。
意味するところはネコの木、あるいは爪とぎの木です。
日本ほどではありませんが、ドイツでも相当な種類のタワーが流通しています。それらはホームセンターやペット用品店などで購入できますし、ネットオークションサイトのEbayやAmazonなどでネット購入することも出来ます。
kotora宅には昔、このようなタワーがありました。

タテにながーいタイプです。2段目には、このようなハウスも付いておりまして、

ネコがこのように中に入ってくつろぐことが出来ました。
しかしながら、この一本タイプはkotora宅のように古いドイツの建造物の中ではなかなか安定しませんでした。なぜなら床や壁がゆがんでいるからです。このタワーはそれでも3年半もちましたが、分解して再度組み立てた際に接続部分が入らなくなり、とうとう壊れてしまいました。小虎が乗るたびにその重さに耐えられずゆれていたので、もう限界だったのでしょう。
そして美梅(メイメイ)を迎え入れるにあたり、2代目のタワーを購入しました。今度はジャングルジムタイプ


こういうのです。いろいろ迷ったすえ、Ebayで格安で購入することが出来たので、これに決めました。
はっきりいって、kotora宅には大きすぎます。もう少し小さいと思っていたらやはり大きくて、部屋の真ん中に鎮座しています。
悩みに悩んで(優柔不断なので)、もう最後にはネコたちが楽しいかどうかよりもkotoraがこの階段を登るネコを見たい、この箱の中で休むネコが見たいというニンゲンの基準で決めました。もちろん部屋の雰囲気に合うかどうかもこの際無視。IK○Aさんがネコタワーも始めてくれてたらよかったんですが…。(kotora宅はこの北欧家具尽くし…)
ネコたちは大喜び。
階段こそ登ってはくれませんが、kotoraの想像していたとおり、箱の中で寝たり止まり木の上で寝たりしてくれてます。思うつぼです
しかし問題は、どちらがどこに寝るか。人気の場所は向かって右側の手前の止まり木。

小虎(シャオフー)が気に入って寝床にしていたものを、美梅(メイメイ)も気に入ってしまって、取り合いに…。と思ったら、案外あっさりと小虎が退いて、美梅に譲っていることがほとんどです。なんでもここが一番日当たりがよいのだとか。
小虎、やさしいお兄ちゃんぶり発揮。
譲ってるのを見かけたときは、
「ええ子やねえ~!」「やさしいね~!」
とべた褒めしてあげます。