Daily Archives: 2008年10月19日

ネコの友達がやってきた~!

kotoraが以前飼っていたネコたちは、どうも自分たちをネコだと思っていないようなふしがありました。ニンゲンと思っているのか…はたまた別の動物だと思っているのか…。別のネコ(たとえ同じ屋根の下に住むもの同士でも)が目に入ると必ずシャーフー言っていましたし、ニンゲンの食べものをよくほしがりました。ふるまいも、ヒトっぽいところがあったように思います。

彼らに比べ、小虎(シャオフー)は自分がネコだと知っている、ような気がするのです。小虎はネコに興味があるし、できればネコと友達になりたいとも思っている。と、私は勝手に想像していました。
というのも、相方の実家にいるネコたちと小虎を引き合わせたとき、実家のネコは怖がって逃げまくっていましたが、小虎のほうは興味深々で一緒に遊びたがっているように見えました。

 

ネコがいるよ!
そして、小虎はウチの窓の下を横切るネコにも興味を示していました。威嚇したりすることもなく、「あ、ネコだ!どこの子かな?」みたいなどちらかというと親しみのあるような関心の示し方でした。

クロちゃんが来たよ!
私たちヒトにはとてもなついていますが、どこか私たちに対して遠慮があるような…「君たちは君たちでやってくれたまえ」みたいに距離を置いているようなところがありました。
私たちヒトが2に対してネコ1、だと、私たちがそろって出て行ってしまうとネコ(小虎)は一人、私たちがそろってテレビを見ていると、ネコは話題についていけない、とか…。どうしても、仲間はずれにするつもりはなくても、そうなってしまっていたような気がするのです。私たちの配慮が足りなかったのかもしれませんが…。
上記はすべて、もちろんニンゲン・kotoraの全く勝手な想像です・・・が。
とにかく小虎(シャオフー)はそういう性格のネコなんだとおもいます。ちょっと遠慮のある、おっとりした(ボーっとした)、でも好奇心は旺盛な。

小さいネコの友だち・・・・・・
その性格が幸いして、小虎(シャオフー)は美梅(メイメイ)にポジティブな関心を示してくれました。美梅が来る1ヶ月前から「もうすぐもう一匹ネコが来るよ。小さいかわいい女の子が来るよ。」と言い含めておいた事が良かったのかどうか…はわかりませんが。
とにかく、一つ屋根の下に、もう一匹、同じ大きさの言葉が通じるネコが来てうれしい!(というのはまたまた勝手な想像)
小虎(シャオフー)にしてみたら、自分より小さくて活発で面白い動きをする、そして面白いにおいのする美梅(メイメイ)がとても新鮮なものに写ったのでしょう・・・か?
完全室内飼いで、ヒトが忙しいときにはあまりかまってあげることができないこともあるし、そんな退屈で平凡な生活から開放してくれる(大げさ!)新しい友達が来た!

小さいかわいい女の子!
と、とにかく小虎はヒトが見ても、テリトリーを荒されるとか、怖いとか、そういう反応はなく、ただただうれしそうでした
まあ美梅(メイメイ)が小虎(シャオフー)に比べてその5分の1もないこととか、みるからにか弱い薄幸の少女に見えることがそもそもの理由だと思いますが。