Daily Archives: 2008年10月18日

小虎は美梅を受け入れるか?

さて、話は戻って美梅(メイメイ)がうちに来た当初のこと。
時に用心深すぎるkotoraはウサギ用のケージを購入し、新入りさんを迎えるにあたって準備を整えていた。
他にも注意していた点いろいろ。

新入りさんを迎えるに当たってkotoraが気をつけたこと
1. 先住さんのにおいつきタオルなどをトランスポーターの中に入れておく。
2. 新入りさんの実家のトイレの砂をすこしもらっておく。
3. 新入りさんをむかえに行く間、先住さんを一人で留守番させておかず、なるべく家族の別のものが先住さんと一緒に留守番して新入りさんを待つ。
4. 先住さんが驚かないようなるべくいきなり合わせたりしない。
5. 先住さんになるべく見つからないように新入りさんを先住さんがあまり入らない部屋にいれ、できればケージなどに入れる。
6. 先住さんに、新入りさんの実家のおトイレの砂のにおいをかがせる。
7. 先住さんが興味を示したら新入りさんをそっと見せる。
8. ごはんは先住さんから。
9. 常に先住さんを立て、先に挨拶、なでるなど、なんでも先住さん優先にする。
10. 仲良くさせようと無理強いしない。 


                    

            ここは小虎のテリトリー!
これらを本業そっちのけでkotoraはネットなどで調べ、実行に移してみました。
項目その1は前々回書いたウンチョス事件で台無しになってしまいましたが
それもこれも、以前飼っていた2匹の仲が、ものすごく悪かったから。その2匹は3メートル以上近づくことなく、すれ違うときは必ずフーシャー。それは1 匹が亡くなるまで12年続きました。そのときは家がある程度広かったから良かったものの。今の住宅(2部屋)でそれをやられたら、ネコたちだけでなく、ヒ トのほうも息が詰まって気疲れして大変です。

ここも小虎のテリトリー!
そもそも美梅(メイメイ)を迎え入れる理由は、「2人なら留守中もさびしくないし、小虎もネコの友達がほしかろう」というヒトの勝手な想像から。さらには、ネコ団子が見たい、一緒に遊ぶネコたちが見たいというささやかな(?)希望から。
とにかく、項目その1はともかく、2~6は順調にこなして美梅(メイメイ)を無事にウサギ用ケージに入れました。ウサギ用ケージは結構大きなケージで縦横 70cm×50cmくらいはありました。子ネコには十分な大きさです。その中に新しいおトイレを入れ、おトイレの中には実家の砂を混ぜ、子ネコ用ごはんを あげました。

 こういうケージ
部屋は二つとも隅から隅まで小虎のテリトリーなので、唯一小虎が自らはあまり入ろうとしないユニットバス(トイレと湯船のある部屋)にケージを入れました。
ところが美梅はケージの中がいやらしく、車の中と同じく「ミャー」「キャー」を足して二で割ったような甲高い声で抗議します。小虎も(シャオフー)ももち ろん風呂場が気になって仕方がない様子。二人を引き合わせるのはせめて1週間ほどしてからと思っていたのですが、そもそも住居自体が狭いのだから隠せるは ずもなく、なるべくそっと美梅を小虎に見せました。
小虎は興味津々。
に対する美梅の反応は。「なにこのでかいネコは!」「私のおとうさんじゃないわ!」「あっちにいってよ!」
ウ~フ~ウ~フ~言ってました。


これが私の家族なの!
最大の問題は、
小虎が美梅を受け入れるか
ではなく
美梅が小虎を受け入れるか
でした。